新型コロナとインフルエンザの二大ウイルス:その時世界はどうあるべきか

アメリカの公衆衛生当局は、今年の後半にも国内で新型コロナウイルス感染の第2波に直面する可能性について警告を強めており、インフルエンザウイルスが流行し始めるシーズンにちょうど重なると予想されています。これは、新型コロナとインフルエンザに同時に感染する危険性だけでなく、いくつかの理由で問題があります。最新の研究では、次のインフルエンザシーズンの重症度に影響を与える可能性が高い4つの大きな要因が詳しく述べられています。

ノースウエスタン大学医学部の呼吸器専門医であるベンジャミンシンガー博士は、2020年から2021年にかけてのインフルエンザシーズンに、全世界で新型ウイルスのい第2波が重なるとどの程度深刻になるかを決定する4つの要因について説明しています。まずはじめは最も明白で、社会的的距離を確保することです。この意識が低下してしまうと、両ウイルスの広まりに重要な影響を及ぼすとされています。

次に、博士はインフルエンザワクチンの接種が第2波の打撃の大小を決定するとの見解を示しています。特に両方のウイルスに感染しやすい高齢者はインフルエンザの予防接種を積極的に受ける必要があるとしています。新型コロナウイルスに有効なワクチンはいまだ開発中段階にあり、年内に全世界に行き届く可能性は低いとのことです。

続いて左右するのは、コロナウイルスと他の呼吸器疾患の両方を検出できる高速診断キットがいかに効率的に利用できるようになるか、という点です。レポートによると、新型コロナウイウルスに感染した患者の約20%以上が別の呼吸器病原体にも同時に感染したことが認められています。様々な疾患や風邪が流行する冬季に差し掛かる前に、集団感染伝播率の高いウイルスとそうでないものとの判断をいかに素早く行えるかが要と言われています。

最後に、これはどのような時にも言えることですが、博士は高齢者や貧困層、難民など、社会的に脆弱な人々の間でのヘルスケアサービスの改善を切に訴えています。高い水準の医療サービスを受けることが難しい人々にとって感染症やウイルスの流行は致命的であり、一度感染が始まれば狭いコミュニティ間での爆発は避けられないとして問題視されています。

コメント