アメリカでCBDオイルがリコール:鉛中毒のリスク

米国で全国的に販売されていたCBDオイルの一群から、高レベルの鉛が陽性であるとテストされた後にリコールされました。 FDAは、このCBDオイルを経口摂取すると鉛中毒を引き起こす可能性があり、とりわけ腎臓の損傷やショックを引き起こしたりと深刻な状態になる可能性があると警告しています。ただし、CBDに関する消費者からの苦情はありません。

自発的リコールは、Kore Organic CBDオイルで、特にサンプルが4.7ppmの鉛でテストされたスイカ風味の一群だとSummit Labsから来ています。高い鉛の検出されたサンプルは、リコールされたBatch#730 Lot#K018からのもので、消費者に販売された30mlボトルの15mg 450xという製品です。

フロリダ農業消費者サービス省によってテストされたランダムなサンプルで検出されました。 Summit Labsは、同じバッチのサンプルをテストし、鉛レベルが0.5ppmの法的制限内であると報告しました。それにもかかわらず、高レベルでテストされたサンプルに基づいて、バッチ全体がリコールされました。

消費者が高レベルの鉛を特徴とするCBDオイルのユニットを購入したと仮定すると、FDAはこれが高鉛曝露と急性鉛中毒につながる可能性があると述べています。この状態の症状はさまざまで、吐き気、嘔吐、胃の痛み、筋力低下、感覚異常、食欲不振、体重減少、口内の金属味などが含まれます。

予想通り、消費者はリコールされたCBDオイルの使用を中止し、Summit Labsに返却することをお勧めします。同社は、個人的な訪問や電話を含む複数の方法を使用して、リコールについて顧客とディストリビューターに警告しています。消費者は、製品を購入した店舗に返品して、全額を返金することもできます。

コメント