ソニーはPlayStation 5 DualSenseコントローラーの主要機能を公開

昨日(4月8日)、ソニーは、PlayStation 5のコントローラーを初披露しました。このコントローラーは、プレイステーション1の時代からソニーが守っていた名前、呼び方に期待していましたが、同社はコントローラーにDualShockではなく別の名前、DualSenseと発表ました。

ソニーが昨日DualSenseを発表したとき、コントローラーのいくつかの異なる画像を公開しました。これらの画像は、様々な異なる角度からDualSenseを見せびらかしましたが、それらのすべてを示してはいませんでした。これは好奇心旺盛なバイヤーをTwitterに導き、DualSenseコントローラーにオーディオジャックというかなり重要な機能があるかどうかをPlayStationプロダクトマネージャーの青木敏正氏に尋ねる事につながりました。

ありがたいことに、青木氏は、DualSock 4と同じように、DualSenseにも引き続きオーディオジャックがあることを断定しました。つまり、ヘッドセットをコントローラーに接続して、友達とチャットすることができます。

昨日明らかにしたように、DualSenseコントローラーはDualShock 4にあるタッチパッドは維持されていますが、ライトバーは移動されています。ライトバーは以前、コントローラーの上部にありましたが、両側のタッチパッドに隣接しているため、プレーヤーが実際に見やすい位置に配置されています。ソニーは、DualSenseコントローラーが触覚フィードバックを採用することも確認しました。これは、プレイしているゲームの種類に応じてさまざまな感覚を約束します。

ソニーはこの点に到達するために何百ものモックアップを経てきたと言いますので、今年の年末商戦期にPlayStation 5が発売されるときにすべての価値があるかどうかを確認し、ついにコントローラーを手に入れることができる事でしょう。実際のPlayStation 5が明らかになるのを私たちはまだ待っていますが、DualSenseが公開されたので、ここで明らかになることは確信しています。

コメント