テレワークの生産性をあげる3つの対策

全国的に、徐々に進みつつあるテレワーク。半ば強制的にテレワークをはじめた人にとっては、自宅のオフィス化はまだできていないはず。生産性が上がらず、困っているのではないでしょうか?そこで、今回はテレワークを始めたばかりの方に、まずやるべき3つの対策をご紹介します。

自宅のWiFiを見直す

自宅のWiFiが遅いと感じていませんか?画像をダウンロード・アップロードできない、Web会議が遅延する…。こうした問題はWiFiに起因することがほとんどです。

まずは、ルーターにケーブルを使ってパソコンを接続してみてください。もしそれで速度が上がるようなら、WiFiルーターに問題があります。それでも問題がある場合は、ルーターではなくプロバイダ側に何か原因があるかもしれません。

そのほかには、Photoshopなどのメモリを使うアプリを多く開いていると、接続に影響ができることもあります。

Web会議を導入する

テレワークで欠かせないツールといえば、Web会議。会社によって使っているツールは異なるはずですが、Google Hangout、Zoom、Skypeあたりが王道です。中でも、Zoomは特別な存在です。接続が安定していて、ワンクリックで会議に参加できます。また、無料で40分は通話ができるので、懐にも優しいです。

最近問題になったZoomのセキュリティですが、改善されてきています。ただ、パスワードを知っている人しか入室できないように、各自で対策しておく必要はあるでしょう。

定期的に休憩を取る

テーブルの上のNintendo Switchは、必ずしも家での生産性を高めるものではありません。しかし、テレワークは、働きすぎてしまうというデメリットも見えてきます。誰もが休憩を必要としており、10分間の休息と楽しみが、より長い時間に集中するのに役立つかもしれません。

そこで、テレワークだからこそ、思い切ってオフィスのデスクに追加したくてもできなかった、スピーカーやゲームを身近に置いてもいいでしょう。また、エクササイズは集中力を高めることが実証されています。煮詰まってきたら、軽く体を動かしてください。ダンベルやフィットネスマットを机のそばに置いておくと、生産性が向上し、一日中椅子に座ったまま体を鍛えることができますよ。

コメント