LEGOと任天堂の新感覚のマリオレゴが今年中に

LEGOは色々なキャラクターとコラボをしてきましたが、今回は任天堂とのコラボでレゴマリオが完成したようです。今までのコラボとは少し勝手が違うようで、ただただキャラクターがレゴになったわけではないようです。

レゴマリオのセットでのレゴの目標は、基本的にプレイヤーが自分でレベルを作り、マリオのフィギュアでそのレベルをプレイできるようにすることです。これらのセットに梱包されているレゴは、標準のレゴのミニフィグとは異なります。たとえば、マリオのミニフィグは、目と胸にバッテリー駆動のLCDディスプレイを備えているのです。そのため大きさがデュプロのミニフィグサイズに近いような気がします。

LEGOはこれらのセットに関する詳細をまだ多く提供していませんが、今月11日にYouTubeに公開された動画で一部の機能を明らかにしました。その中には、子供たちがレゴブロックでマリオのコースを制作し、ステージを通してマリオを導き、敵に跳び、途中で[?]ブロックのコインを収集しながらゴールへ進みます。多くのマリオゲームと同様に、目標は、時間がなくなる前にレベルの終わりのフラグまで到達することです。

他にも動画にはクリボー、パックンフラワー、ヘイホー、ゲッソー、ヨッシーが、さらにはクッパJrが出てきていました。ピーチ姫は出て来ていませんでしたが、出てくる事でしょう。

現時点では、LEGOがいくつのセットを作成するかは示されていません。また、価格設定についても何もわかっていませんが、LEGOはこのマリオのセットは今年後半に発売する予定と述べています。また、より多くの情報を近い将来には出すつもりとも言っているので、私たちはそのために目を離さないでおきます。

コメント