GDC2020、延期を発表。新たな開催は今夏の予定

米サンフランシスコにて3月16日より開催予定のゲーム開発者会議「Game Developers Conference(GDC)2020」の開催延期が発表されました。GDC2020の新たな開催時期として今年の夏が予定されています。 

GDCウェブサイトに掲載された発表では、GDC2020は今夏に延期すると伝えています。同発表では、「私たちは今回イベントを開催することができないことを残念に思います。」とコメントしています。GDC2020開催延期は、世界中のゲーム開発業界およびコミュニティーとの密室協議で合意の上の決定だそうです。

GDC2020は3月16日から20日に開催される予定で、ビデオゲーム開発者が集う世界的なイベントです。開催延期の発表では、新型コロナウイルスについて言及はされていませんが、この決定は新型コロナウイルスの感染が世界各地に拡がっている影響とみて間違いないでしょう。GDC2020の開催延期発表を前に、Sony 、コジマプロダクション、Unity、Epic Games、Facebookなどの大手企業を含む数々の参加予定企業がその参加を見送る発表をしていました。Facebookに関しては、自らが5月に主催する予定だった開発者会議の中止も発表しています。

GDC開催者は、今回予定されていたプレゼンテーションの多くはオンラインで無料で視聴できるようになる予定だと伝えています。なお、GDCと併せて行われるインディーゲームのイベント「Independent Games Festival」と、ゲーム開発者たちにより選ばれた優れたゲームに賞が贈られる「Game Developers Choice Awards」は、3月16日から20日にTwitchでストリーミングされる予定です。GDC2020の登録参加者には、今回の延期に関する払い戻しについて直接案内が行われるそうです。

コメント