PS5のストレージが増える!?ソニー、アプデ計画中と報道 SSD追加の方法は

ソニーは今年の夏、家庭用ゲーム機『プレイステーション5』のM.2拡張スロットにSSDを追加してストレージ容量を拡大できるファームウェア・アップデートを計画中と報じられています。現在、プレイステーション5には825GBのSSDが搭載されており、使用可能な容量は667GBに制限されています。では、どのような方法でSSDを追加できるのでしょうか。

ゲームのデータ容量が増え続けている昨今、プレイステーション5のストレージは決して十分とは言えません。大容量のゲームを複数保存するには、オンラインストレージの利用や外付けSSDなどが必要で、ゲーマーにとっての足かせとも言えるのではないでしょうか。

ソニーによる『プレイステーション5』の分解映像

では、どのように容量を増やすのかというと、簡単にではありますが、ゲーム機本体の分解作業が多少必要になります。ソニーがプレイステーション5発売前に本体を分解して見せてくれたように、M.2 SSDを追加するには、サイドパネルの1つを取り外してから、冷却ファンのすぐ隣にある拡張スロットのグレーのカバーを外します。

そこからは、M.2 SSDを差し込むだけで終わりです。ただし、ソニーが拡張スロットを有効にするファームウェア(システム制御ソフト)のアップデートを配信していることと、追加するM.2 SSDがプレイステーション5と互換性があることが条件となります。ファームウェア・アップデートは今夏配信されると言われていますが、互換性のあるドライブについてはまだ明らかになっていません。

拡張スロット

解体映像の中で、ソニーは拡張スロットがPCIe 4.0のインターフェイスを使用していることを明らかにしています。PCIe 4.0規格のM.2 SSDはありますが、プレイステーション5のリードアーキテクトであるマーク・サーニー氏は、ソニーが互換性テストを実施して、どのドライブがプレイステーション5と互換性があるかを明らかにする予定であると示唆しています。

そのため、自分でM.2 SSDを買い急ぐのではなく、ソニーが互換性リストを発表するのを待つのが無難でしょう。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント