Disneyは第7代目のCEOボブ・チャペック氏を発表

ディズニーは7番目の新しいCEOを発表しました。新しく就任したのはボブ・チャペック氏で、元CEOのボブ・アイガーはエグゼクティブ・チェアマンに就任します。アイガー氏は2005年から2020年までディズニーのCEOでしたが、1984年から2005年までCEOだったマイケル・アイズナーは、ロイE.ディズニーが率いる株主たちにより事実上追い出されました。

ロバート・アイガーは2021年までエグゼクティブチェアパーソンの役割を引き受けます。そして会社の創造的な努力も指揮するとも述べています。アイガー氏の契約は2021年12月31日に終了します。

ボブ・アイガーがディズニーのCEOであった2005年からの15年間で、ディズニーは次の買収を行いました(大規模な買収のみ)。

•2006:ピクサー

•2009:マーベル

•2012:ルーカスフィルム

•2019:21世紀フォックス

ディズニーボードの独立主任取締役であるスーザン・アーノルド氏は次のように述べています。「取締役会は過去数年間積極的に後継者育成計画に携わっており、社内および社外の候補者を検討した後、満場一致でボブ・チャペックをウォルト・ディズニー・カンパニーの次期CEOに選出しました。」

CEOとしてのチャペック氏の役割には、すべてのディズニー企業の事業セグメントと企業機能の直接監督が含まれます。 チャペック氏はCEOとして、アイガー氏が会社にとどまっている限り(2021年末まで)、取締役会とアイガー氏に報告します。

コメント