世界最速500km/h超か:ヘネシー「ヴェノム F5」今夏正式デビュー

ヘネシー「ヴェノム F5(Venom F5)」のニュースはこのところ耳にせず、存在をすっかり忘れていた方もいるのではないでしょうか。 ブガッティ「シロン・スーパースポーツ300+」やケーニグセグ「ジェスコ・アブソリュート」など、時速300マイル(482km/h)を超えるスピードモンスターが注目を集めてきました。しかし、「世界最速」を謳うヘネシーの言葉は、ついに現実になろうとしています。

ヘネシーがヴェノム F5を披露したのは2014年のことでした。約6年前に初めて発表されたとき、ヘネシーはこの車の最高時速が290マイル(467km/h)だと主張していました。そして昨年、同社の創設者であるジョン・ヘネシー(John Hennessey)氏と彼のヘネシー・スペシャル・ビークルズ(HSV)のチームは、待望のプロトタイプテストを開始。鮮やかなイエローのペイントを施した車両の画像も数枚公開しています。

しかし、去る4月19日、ヘネシー・パフォーマンス社はFacebook公式アカウントにて、世間にヴェノム F5のことを思い出させるような投稿をしました。テキサスを拠点とするこのチューニングメーカーは、ついに今夏、市販モデルがデビューすることを大胆にも発表。さらに、時速500km/h以上のスピードで走行する様子を収めたビデオも公開するとしています。

これが事実であれば、待ちに待ったヴェノム F5は、史上最速の市販車という約束を果たすことになります。心臓部には6.6L ターボチャージャー付きV8エンジンを搭載し、最高出力1,817馬力/最大トルク1,617Nmを発揮。不思議なことに、これはケーニグセグ「ジェスコ・アブソリュート」とほぼ同じ数値です。

ヘネシーによると、ヴェノム F5の重量は3,000ポンド(1,360kg)以下で、ねじり剛性は52,000Nm/度と測定されており、1,800馬力と500km/h以上の最高速度に耐えうるのに十分な剛性を持っていると推測されます。

デルタモータースポーツとの共同開発によるカーボンファイバー製のシャシーを採用したことで、VW「ゴルフ R」よりも軽量であると謳われています。

ただ単に速い(世界最速)というだけでなく、非常に限定的なモデルでもあります。ヘネシーはヴェノム F5を24台のみ製造し、車両価格180万ドル(1億9千万円)台で販売するとしています。24台のうち、半数の12台が米国市場向けで、残りの12台は世界に向けて販売される予定です。

どうやら、米国向けの割り当て分は完売間近のようです。つまり、史上最速の車を手に入れたくてうずうずしていた米国の富裕層には、まだ希望があるということです。ヘネシーはロードスターバージョンも製造していますが、こちらは2021年後半まで待つ必要があります。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント