765馬力で公道を走るモンスターマシン「McLaren 765LT」デビュー

McLarenは常にスパルタンなモデルを世に送り出してきましたが、「McLaren 765LT」は英国製スポーツカーの歴史の中で最も極端な部類に入るスーパーカーです。悪名高い「McLaren 720S」をベースに、わずか数人の幸運なドライバーだけが手に入れることのできる公道仕様のスーパーロードカーに仕立て上げました。

LTシリーズの最新作 新章の幕開け

McLarenにとって、LT(ロングテール)シリーズは軽量化とサーキット走行がすべてでした。通常の車よりもずっと軽く(ご想像の通り)長いボディ、大型のリアウイング、低重心、そして圧倒的なパワー。つまり、ロケットのように加速しながら、地面に吸い付くようにして走る車ということです。

しかし、765LTは既存のモデルとは一線を画しています。McLarenのLTブランドとしてはこれまでで最も強力で、チューニングされた4.0L ツインターボV8エンジンを搭載し、最高出力765馬力、最大トルク590ポンドフィート(800Nm)を発揮します。

McLarenによると、時速0~60マイル(96km/h)は2.7秒。0~124マイル(200km/h)はわずか7.2秒です。最高速度は時速205マイル(300km/h)に達します。

V8エンジンは7速SSGトランスミッションと組み合わせ、コンフォート、スポーツ、トラックの3つの走行モードを備えています。また、765LTに新しく備わった「シフトダウンを制限する」機能により、ドライバーは手動でシフトダウンしてエンジンをオーバーレブさせて楽しむことができます。

7速SSGは720Sよりも最大15%速く変速します。そのスピード感も感じられるはずです。McLarenは、より剛性の高いエンジンマウントを採用し、パフォーマンスを向上させるだけでなく、V8の低周波サウンドをより多く車内に送り込んでいます。

リア中央部に取り付けられた4本のテールパイプのおかげで、サウンドトラックに不足することはないでしょう。McLarenによると、エンジン音の高さに合わせて特別にサイズを調整したそうです。一部の市場では、排気音をより静かなモードにすることができるデュアルバルブシステムが導入され、オーナーが近所の人たちに迷惑をかけないようにという配慮もなされます。

軽量化を突き詰めたボディ

McLarenのエンジニアたちは、軽量化のためにカーボンファイバーを多用し、720Sより176ポンド(約80kg)の減量に成功しました。新形状のフロントスプリッター、フロントバンパー、サイドスカート、リアバンパー、リアウイング、リアディフューザーなどは軽量素材で作られています。ナンバープレートホルダーもカーボンです。ボンネット、フロントフェンダー、ドア、リアフェンダーはアルミが標準ですが、オプションでカーボンも用意されています。V8エンジンを車外と車内から見えるようにする、二重ガラスのエンジンパネルも選ぶことができます。

インテリアでは軽量なスポーツシートを標準装備し、センタートンネルはカーボン複合材でパネル厚0.8 mm。パネルの多くもカーボン素材を使用しているほか、McLarenのビスポーク部門「MSO」からも多くのオプションを用意しています。デフォルトでは、エアコンもオーディオシステムもありません。重さを気にしないのであれば、どちらも無料のオプションです。また、パワーステアリングのコラム調整、フロアカーペット、シンプルなネット以上の収納もありません。

McLarenのダイエットは執拗といえるほどでした。フロントガラスとサイドガラスは薄くなっており、コックピット周辺のクリア部分のほとんどにはモータースポーツスタイルのポリカーボネートを使用しています。「Senna」と同様の超軽量カーボンファイバーレーシングシートを選べ、それだけで26ポンド(約12kg)以上の節約になります。

与えられた使命は走ること

720Sよりもスマートで、車内も狭く、速く走ることに焦点が絞られています。765LTは全長が57mm伸び、ややロングノーズに。フロントはより低くワイドになっています。可変式のリアウィングは、ダウンフォース、スピード、ブレーキの3つのポジションを持ちますが、それ以外の部分では軽量化と空力特性向上のためにボディワークが削られています。フロントの縦型ブレードは前輪の空気の流れを整え、「Senna GTR」にインスパイアされたサイドブレードも備わります。

8インチのインフォテインメントタッチスクリーンと、折りたたみ式ドライバーディスプレイが標準装備。Bowers&Wilkinsのオーディオシステムや、ノーズリフトシステム(車高を上げる機能)もオプションです。360度カメラやシュノーケル風のエアスクープを設置することもできます。

ボディカラーには、新色としてナルドオレンジとスモークホワイトが加わりました。「600LT」で選択可能なシケインエフェクトグレーも用意されています。インテリアには、アルカンタラレザーにコントラストのステッチが組み合わされています。

McLarenはこの最新のロングテールを765台しか販売しないと発表しています。価格は2020年9月の生産開始に近いタイミングで明らかにされるようですが、すでに予約の受付が開始されています。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント