グッドイヤーがコンセプトEV専用タイヤ『reCharge』を発表

グッドイヤーは、「Goodyear reCharge」と呼ばれるコンセプトで、EV専用タイヤの未来のビジョンを発表しました。チャージタイヤは、メンテナンス不要のモビリティを提供することを目的とした自己再生コンセプトタイヤです。このタイヤは、気候の状況や時間とともに適応できると主張しているカプセルを使用しています。

トレッドコンパウンドは、100%生物分解性のある生物学的材料から作られます。化合物はクモの糸で補強されます。グッドイヤーによると、クモの糸は世界で最も丈夫な天然素材の一つです。 ReChargeには、空気を入れないライトフレームがあります。つまり、タイヤのパンクがないのです。背が高くて細い形状になるように設計されています。

剛性フレームには、タイヤには穴が開いていて、タイヤが転がる材料をカプセルから押し出すことがようです。ドライバーのニーズに合わせてタイヤをカスタマイズできる交換可能なカプセルです。カプセルの内側には、カスタマイズされた液体材料があります。グッドイヤーは、カプセル内の液体の種類についてはまだ発表していません。

以下に示すビデオは、ドライバーがタイヤの色を制御できることも示しています。コンセプトタイヤは、今日の世界にはまだまだコンセプトの域を出ていないように聞こえます。グッドイヤーから、このreChargeタイヤが実際の製品になるかどうかの兆候はありません。

グッドイヤーの小売業者がこのタイヤを採用する可能性は低いと思われます。タイヤ全体が最終的な利益につながるとかではなく、カプセル(カートリッジ)を交換するように見えるからです。タイヤとカプセルにかかる費用の目安はありません。詳細については、ビデオをご覧ください。

コメント