フォルクスワーゲンが新型ゴルフGTIをジュネーブで世界初公開すると予告

フォルクスワーゲン(VW)は2020ジュネーブモーターショーで、最もアイコニックな車ゴルフGTIの第8世代を披露します。ジュネーブモーターショーは3月5日から15日まで開催されます。車のデビューは、「デジタル時代に向けた純粋で、インテリジェントで、優れたハイテクスポーツカー」の発売を記念しています。

過去のすべてのGTI車と同様に、第8世代は前輪駆動を備え、あらゆる世代で最も機敏な走行ギアと最も強力なガソリンエンジンを約束しています。車内には、チェック模様のシートカバーとアシストシステムが装備されます。ゴルフGTIは、コンパクトスポーツカーで初となる「Car2X」を介して他の車両と通信する事ができるようになると言います。

ゴルフGTIは、最高時速210 kmまで対応できるトラベルアシスト(部分自動運転システム)を装備しています。 そしてシリーズの初のディスプレイおよびコントロール用に完全にデジタル化されたインテリアを備えています。 GTIデジタルコックピットには、32色の背景と多機能スポーツステアリングホイールがあります。 VWは、日中走行用ライトに統合されるオプションのLEDクロスバーを装備しています。

その他の機能には、適応シャーシ制御を処理する新しいDCC世代が含まれます。ガソリンエンジンの正確な仕様は不明です。 ただVWが言っているのは、GTIターボエンジンは「期待を上回る」ということです。

現在のところ、新しいGTIのティザー画像1つだけですが、下のフロントファシアにフォグライトがあり、下のグリルのダイヤモンドパターンを通して輝いています。 ゴルフGTIの第8世代は下半期に発売すると述べています。

コメント