Aston Martin「Vantage Roadster」発表:布製トップの開閉速度と実用性に注目

Aston Martinは、同社のラインナップに新しいオープンカーを追加しました。「Vantage Roadster」です。この発表は、2人シーターのドライバーズカーを探している人にとって朗報と言えるでしょう。パワーユニットは4.0L ツインターボV8エンジンを搭載し、最高出力510馬力、最大トルク685Nmを発揮します。

Aston Martinのトップアスリートにお洒落なオープン仕様が追加

オープントップにすることで重量バランスやボディ剛性に大きな影響を与えるが、Aston Martinはうまくまとめ上げたようだ。

このV8エンジンは8速ZFトランスミッションと組み合わされており、最高時速306km/h、0→60マイル(0→96km/h)加速は3.7秒というパフォーマンスを秘めています。トップスピード(最高速度)が速ければ、トップ(屋根)の開閉も高速です。Vantage Roadsterの電動トップは、Aston Martinが「超コンパクト」と呼ぶ機構を備えた布製ユニットで、7秒以内で開閉することができます。

布製のトップはトランク前部に収納される。トランクスペースはほぼ変わらず、実用性を維持している。

Aston Martinによると、この開閉速度は全自動のコンバーチブルルーフとしては最速だといいます。オープン機構を備える車は重量がかさみがちですが、軽量なZ型折りたたみ機構のおかげで、この車はクーペモデルよりも60kgのみの増加に抑えているようです。同社はまた、Vantage Roadsterはクーペが提供するダイナミックな性能とスポーティなキャラクター性を維持していると述べています。

Vantage Roadsterは、クーペと同様にアダプティブダンピング、ダイナミックスタビリティコントロール、ダイナミックトルクベクタリング、および電動リアデファレンシャル(Eデフ)を備えています。また、Roadster専用にチューンされた3種類の走行モード、「Sport」「Sport+」「Track」を用意しています。

電動トップは、時速50km/h以内であれば走行中も開閉できます。ドライブ中に雨が降ってきたときも、車を路肩に停めることなくスマートに畳めます。また、トップを折り畳んだとしても、トランクスペースをほとんど取りません。トランクの容量は200Lを確保しており、多くのオープンカーでは諦めざるを得なかったゴルフバッグも積み込むことができます。

Vantage Roadsterの日本での販売価格は明らかになっていませんが、北米での価格が161,000ドルとなっており、これはクーペよりも約11,000ドル高い設定です。クーペの日本価格が1,980万円からなので、北米での差額を考えるに、Roadsterはおそらく2,100万円前後のスタートになるのではないかと予想されます。販売時期は北米が2020年第2四半期の予定ですから、日本のショールームに並ぶのもそのあたりのタイミングになるかもしれません。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント