アキュラ TLX Type Sの限定車PMCエディションを発表、受注終了のNSXと同じ工場でハンドビルド

ホンダが北米で展開する高級車ブランドのACURA(アキュラ)がTLX Type Sの新しい限定車「TLX Type S PMC Edition(PMCエディション)」を発表しました。PMCエディションは、米オハイオ州にあるPerformance Manufacturing Center(パフォーマンス・マニュファクチャリング・センター、PMC)でハンドメイドで組み立てられ、アキュラは「史上最高のパフォーマンスを誇るセダン」と謳うほどの自信を見せています。

TLX Type S PMCエディションを手掛けるのは、生産台数350台限定のNSX Type Sを手がけた技術者たち。NSX Type Sはアキュラのハイブリッドスーパーカーの代表格とされるマシンですが、果たしてTLXはアキュラのType Sラインアップにふさわしいのか?まだ詳細は明らかにされていませんが、現時点でで分かっている情報だけでも、TLX Type S PMCエディションに期待が膨らみます。

NSX Type Sのレガシーを受け継いだTLX Type S PMCエディションのボディカラーは、「Curva Red」、「130R White」、「Long Beach Blue」の3色展開。 インテリアカラーは、選択するボディーカラーによって異なり、Curva Redにはダークエボニー、130R Whiteにはレッド、Long Beach Blueにはオーキッドが組み合わされています。すべてのカラーとも、シートはウルトラスエードのインサートが施されたプレミアムミラノレザーです。

TLX Type S PMCエディションの外観もスペシャルに仕上げられ、ベルリーナブラックのルーフとシャークフィンアンテナ、ドアハンドルを装備。クワッドエキゾーストもブラッククロームで仕上げられています。デッキリッドリップスポイラーとリアディフューザーにはカーボンファイバーを採用。さらに、足回りには軽量な20インチのカッパーホイールを装備しています。

インテリアのトリムパネルにもカーボンファイバーを採用し、センターコンソールの下には、TLX Type S PMCエディション専用の小さなプレートが施されています。さらに、PMCエディションには、グロスブラックのバッジ、サイドシルガーニッシュ、イルミネーション付きType Sサイドシル、フラットボトムヒーター付きステアリングホイールが装備されるとのことです。細部にもこだわり、フロアマットには「カラーアクセントバインディング」と「Type Sバッジ」があしらわれています。アキュラによると、TLX Type S PMC エディションは、2022年末に生産を開始する予定だそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。