BMW 新型「M3ツーリング」発表、パフォーマンスと快適性を追求

BMWが新型「M3 ツーリング」を英国で開催中のモータースポーツイベント「グッド・ウッド・フェスティバル・オブ・スピード」で発表しました。今年の9月に注文受付を開始し、11月に生産開始が予定されています。新型M3 ツーリングは、BMWのMツインパワー・ターボ・テクノロジーを採用した3リットル直列6気筒エンジンを搭載し、最高出力510ps、最大トルク650Nmを発揮し、0-97km/hを3.6秒以下で加速します。M3ツーリングの最高速度は電子制御で250km/hに制限されていますが、Mパッケージを選択すると、制限は280km/hまで引き上げられるとBMWは述べています。

サーキット用に設計されたエンジンクーリングシステムにより、M3ツーリングのドライバーは、路上でのパフォーマンスを向上。3つのカスタム・セッティングが可能な8速Mステップトロニック・トランスミッションが、M3ツーリングの加速と制御のレベルを限界まで引き上げます。このクルマのM xDrive全輪駆動システムは、基本モードとスポーツ・モードを備え、必要に応じて2輪駆動に切り替えるオプションも用意されています。

BMWの新型M3ツーリングは、M4コンペティション・コンバーチブルxDriveやBMW M8コンペティションなど、同社のプレミアム・モータースポーツ・シリーズに加わるモデルである。2022 M3ツーリングで、同社はMクラスの50周年を祝いますが、誰もがパーティーに招待されているわけではありません。

快適性とスタイルを強調

M3 ツーリングという名前が示すように、新型M3は長距離移動に適していますが、快適な装備にもかかわらず、性能やハンドリングに妥協はないとBMWは主張しています。M3ツーリングでは、カーブド・ディスプレイが全車に標準装備され、ビジュアル面でも抜かりはありません。コックピットには2つのディスプレイを装備。ディスプレイには運転情報の他にも、ドライバーのニーズに合わせたウィジェットを追加することができます。インテリアには、メリノ・レザー・トリムのヒーター付き電子調整式シートを装備。ラグジュアリーよりもレーシングを好むドライバーは、オプションのカーボン・ファイバー・バケット・シートを選ぶこともできます。

外装では、「クリーンなデザイン面とアスレチックなフォルム」を目指し、「フレームレスBMWキドニーグリル、大型サイドエアインテーク、力強く彫りの深いホイールアーチ、大きく張り出したサイドスカート」が空力性能とパワフルなスタイリングをバランスさせているとBMWは語っています。M3 ツーリングには、フロントコリジョンウォーニング、スピードリミットディスプレイ、レーンディパーチャーウォーニング、パークディスタンスコントロールなどの運転支援機能が標準装備されています。オプションとして、Stop&Go機能付きアクティブクルーズコントロール、交通信号検出、アクティブナビゲーションが用意されています。また、パーキング・アシストや後退アシストを装備することも可能です。

米国での販売はなし

BMWはM3を米国で発売する意向がないことを発表しましたが、それは2年経っても変わっていないようです。BMWによると、3シリーズ ツーリングを米国で販売しないという決定は、売国導入はBMWにとって経済的にメリットがないという理由により、かなり前に下されたそうです。ちなみに、判断時にM3 ツーリングの存在が浮上していたらこの決断が変わっていたかという可能性については、BMW広報担当は言及を避けました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。