ボルボとスターバックスが提携 米スタバ15店舗でEVの充足充電が可能に

長距離ドライブのお供といえばコーヒーという人も多いはずですが、ボルボとスターバックスは、コーヒーで一休憩する間にEVを充電できる新たな試験的取り組みを発表しました。この取り組みにより、米国デンバーからシアトルの約2,000km間に点在するスターバックス15店舗に最大60台のDC急速充電器が設置されます。

米国西海岸のスターバックスに設置される急速充電器は、EV向け充電ステーションネットワークを構築する米企業のChargePoint(チャージポイント)により提供され、ボルボのブランディングが施されるそうです。採用される充電器の出力レベルはまだ明かされていませんが、ChargePointの充電器には250kWと350kWがラインアップされています。

ボルボによると、DC急速充電器を使えば、電気自動車(EV)C40 Recharge(リチャージ)の場合、20%から90%まで充電するのにかかる時間は約40分だそうです。ボルボとスターバックスは、最大でも160km程度の間隔に位置するスターバックスに充電ステーションを設ける計画です。この間隔は、C40 RechargeのEPAによる公式航続距離は約364kmを優にカバーできる距離です。

テスラのスーパーチャージャーとは異なり、今回の取り組みでスターバックスに設置される充電器は、ボルボのブランディングが施されているものの、ボルボのEVやPHEVの以外も充電可能です。ChargePointのアカウントと互換性のある車両があれば、誰でも接続して充電できるそうです。ただし、ボルボのドライバーは、場所によって無料、またはディスカウント料金で充電することができます。

ボルボのEVとPHEVのAndroid Automotive OSインフォテインメント・システムでは、ChargePointアプリを使って、最寄りの充電ステーションが設置されたスターバックスを探すことができるようそうです。

充電器の設置は、今年末までに完了する予定です。この試験運用の結果次第では、より広いエリアのスターバックスに充電器の設置がされることも期待できそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。