北米ホンダ アキュラが2023年型「インテグラ」を発表

北米ホンダのプレミアムブランド「アキュラ」が、2023年モデルの新型「Integra(インテグラ)」を発表しました。ホンダのシビックSiの優れた足回りを受け継ぎ、より洗練されたスタイリング、より高級なインテリア、そして6速マニュアルトランスミッション(MT)のオプションが組み合わされました。

しかし、新型インテグラは、アキュラファンが期待する、80年代から愛されてきたオリジナルの3ドア仕様のインテグラへの回帰ではありません。その代わりに、新型インテグラは、リフトバックボディを採用し、4つのドアと、少なくともクーペを彷彿とさせるとアキュラが主張する、すぼまったルーフラインに仕上がっているのです。

エンジンは、1.5リットル4気筒VTECターボを搭載し、最高出力は200hp/6,000 rpm、最大トルクは260Nm/1,800-5,000 rpmを発揮します。

CVTオートマチックトランスミッションを標準装備し、「ステップシフトプログラム」が採用され、パドルシフトも装備されています。これもまた、ファンを完全に満足させるものではないかもしれないですが、2023年型インテグラをラインアップの入り口と位置づけるアキュラにとっては、賢明な選択といえるでしょう。

6速MTもオプションで用意され、クロスレシオと自動レブマッチング機能も備えています。また、ヘリカルLSD(リミテッド・スリップ・デフ)が装備されています。

アキュラのインテグレーテッド・ダイナミクス・システム(IDS)には、コンフォート、ノーマル、スポーツの3種類のドライブモードが用意。 A-Specグレードのテクノロジーパッケージでは、スロットルレスポンス、トランスミッションマッピング、ステアリングフィール、メーターカラーリング、車内サウンドを調整できるインディビジュアルモードが追加されています。また、アキュラのアダプティブ・ダンパー・システム(ADS)も用意され、ドライブモードごとに異なるチューニングが施されます。

外装では、アキュラの最新版であるダイヤモンドペンタゴングリルに、ジュエルアイLEDヘッドランプとLEDデイタイムランニングライトが装備されています。LEDフォグランプはオプションで用意。リアにはデュアルエキゾーストフィニッシャーと、横長の一体型LEDテールランプが装備されています。ホイールは17インチを標準とし、18インチと19インチもオプション選択可能です。

A-Specグレードでは、ウインドウサラウンドやフロント&リアフェースなど、エクステリアトリムの一部がグロスブラックに変更。リップスポイラー、フロントフェンダーとテールゲートにA-Specのバッジが施されています。さらに、シャークグレー仕上げの18インチアルミには、標準仕様よりも大径の235/40R18オールシーズン・パフォーマンス・タイヤが装着されています。

内装では、エントリートリムに合成皮革シートを採用し、運転席8ウェイパワー調整機能、フロントヒーターを装備しています。仕上げはエボニー、レッド、オーキッドの3色を用意。テクノロジーパッケージでは、運転席が12ウェイにアップグレードされ、フロントシートにマイクロスウェードインサートを採用。A-Specでは、ステンレススチール製ペダル、赤いメーター針、ホイール、シート、シフター、シフタートリムに同色のコントラストステッチが施されています。

10.2インチのAcura Precision Cockpitデジタルディスプレイを標準装備し、Apple CarPlayとAndroid Autoを有線で接続できる7インチのインフォテインメント用タッチスクリーンも搭載しています。テクノロジーパッケージでは、スマートフォンのワイヤレス接続が可能な9インチのインフォテインメント用ディスプレイが搭載されます。さらに、Qiワイヤレス充電パッド、5.3インチヘッドアップディスプレイ、Alexa内蔵、充電用のUSB-Cポートがフロントとリアに備わります。

オーディオシステムは標準が8スピーカー、アップグレードの「ELS STUDIO 3D」は16スピーカーを搭載。CVTのテクノロジーパッケージにはリモートスタート、インテリアLEDアンビエントライト、エクステリアLEDパドルランプが設定されています。

衝突軽減ブレーキシステム、交通標識認識、そしてCVT車にはトラフィックジャムアシストを備えたアキュラウォッチを標準装備しています。アダプティブクルーズコントロール(ACC)、レーンキーピングアシストシステム(LKAS)もあります。また、テクノロジーパッケージでは、フロント&リアパーキングセンサーと低速域ブレーキコントロール(LSBC)が追加されます。

2023年型インテグラは、2022年春に登場する予定です。アキュラは現段階ではまだ正確な価格を発表していませんが、現在早期予約を受け付けており、3万ドル(約355万円)前後からの販売になる模様です。長年のインテグラファンの高い期待に応えられるかどうか、また、新たなアキュラファン獲得出来るのか、今後その答えが明らかになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。