ジープ 『グランドチェロキーL』助手席にもディスプレイを追加

ジープは2022年モデル「グランドチェロキーL」に搭載される新技術について発表しました。また、新しく設定されたボディカラー、スタイリングパッケージについても発表しました。

今まで車内エンタメ装備と言えば、後部座席を中心に搭載されてきました。ヘッドレストに内蔵されたスクリーンや、天井に設置されたフリップダウンモニターなど、長時間の移動でも退屈しないようにリアモニターは充実していましたが、助手席に関しては、これまでほぼ無視されてきました。

ジープは、そんな状況を変えるために、10.25インチの助手席用インタラクティブ・ディスプレイを新たに採用しました。この助手席用ディスプレイは、助手席に乗る人がナビゲーションやカメラ映像でドライバーを支援し、また、視覚的なエンターテインメントを提供することを目的としています。ただ、この助手席用ディスプレイは2022年モデルの発売開始より遅れての登場となります。

助手席用ディスプレイは、「Limited(リミテッド)」、「Overland(オーバーランド)」、「Summit(サミット)」など特定のトリムにオプション設定されています。最上級モデル「Summit Reserve(サミットリザーブ)」には標準装備されています。後部座席には、Amazon Fire TVを付帯したデュアル10.1インチの高解像度エンターテイメントディスプレイが搭載されています。

Fire TVを組み込むことで、長時間の移動の際、様々なストリーミングサービスからの動画配信、ゲーム、音楽鑑賞、追加コンテンツのダウンロードなどが可能です。Fire TVの接続は、車載Wi-Fiホットスポット、またはテザリングされたスマートフォンやホットスポットを介して提供されます。また、リアシートエンターテイメントシステムには16ギガバイトの内蔵ストレージがあり、事前にダウンロードしたコンテンツを外出先で視聴できます。

後部座席用のデュアルディスプレイは各ディスプレイに同じコンテンツを視聴することも、個別のコンテンツを視聴することも可能です。またAlexaを搭載したボイスリモコンも2個備わっています。デュアルディスプレイも助手席用ディスプレイと同じく、リミテッド、オーバーランド、サミットなど特定のトリムにオプション設定可能で、遅れての登場となります。

エクステリアパッケージ

エンタメ装備の充実に加え、2022年モデルのグランドチェロキーLには新しく2つのエクステリアパッケージ「Limited Black(リミテッドブラック)」と「Summit High Altitude(サミットハイアルティテュード)」パッケージも設定されます。リミテッドブラックパッケージには20インチのグロスブラックアルミホイール、サミットハイアルティテュードパッケージには21インチのグロスブラックホイールが含まれます。両パッケージとも、グロスブラックのエクステリアアクセントとバッジ、グロスブラックルーフレール、ユニークな7スロットグリルを装備しています。いずれのパッケージも遅れての登場となります。

ボディカラー

一部カラーは特手のトリムでのみ選択可能です。「Ember(エンバー)」と「Midnight Sky(ミッドナイトスカイ)」は、リミテッド、オーバーランド、サミット、サミット リザーブに、「Hydro Blue(ハイドロブルー)」は、オーバーランド、サミット、およびサミットリザーブで用意されています。

パワートレイン、価格

3.6リットルV型6気筒の「ペンスター」エンジン搭載で、8速ATが組み合わせられています。オーバーランドとサミットでは、5.7リットルV型8気筒エンジンも用意されています。V型6気筒エンジンは最大出力293hp、最高トルクは353Nmで、V8気筒エンジンは最大出力357hp、最高トルクは529Nmを発揮します。

オーバーランドとサミットモデルでは、各ホイールに通常のコイルスプリングに代わるクアドラリフトエアサスペンションを標準装備し、最大106mmのリフトアップを実現しています。グランドチェロキーLのほとんどのトリムには後輪駆動が標準装備されています。また、選択したモデルによって異なる4WDシステムも用意されています。V型6気筒エンジンでは、どちらの駆動方式でも最大牽引力は2.8t。4WDのV型8気筒では最大3.2tの牽引が可能です。

大型SUVなので、どちらのエンジンを選んだとしても燃費は良くはありません。2WDのV6モデルは、市街地で8.1km/L、高速道路で11.1km/L、複合で8.9km/Lと評価されています。V6の4WDは、市街地で8.5km/L、高速道路で10.6km/L、複合で8.9km/L。V8は4WDのみで、市街地で6.0km/L、高速道路で9.4km/L、複合で7.2km/Lと評価されています。

2022年型グランドチェロキーLの価格は、ラレードが38,890ドル(約445万円)、リミテッドが45,210ドル(約518万円)、オーバーランドが54,805ドル(約628万円)、サミットが58,865ドル(約674万円)、サミットリザーブが60,865ドル(約697万円)からとなっています。ジープは、助手席用ディスプレイやデュアルディスプレイ、エクステリアパッケージの価格に関する詳細を明らかにしていません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。