北米トヨタ 2022年モデル「RAV4 」価格を抑えたSEハイブリッドを発表

トヨタの米国法人は、人気クロスオーバーSUV「RAV4」の2022年モデルを発表しました。2022年モデルには新グレードの「SEハイブリッド」が新たに加わります。このRAV4 SEハイブリッドは、XSEハイブリッドの価格を抑えたグレードという位置付け。

SEハイブリッドは、単色ボディーカラーに、ファブリックのシート、7インチのタッチスクリーンと、6基のスピーカーを装備。冬場や寒冷地用のステアリングヒーターやシートヒーター、デアイサー機能付き雨滴感知式ワイパーなどを装備したウェザーパッケージを含め、数々のパッケージやオプションも用意されています。

コンビニエンスパッケージは、ムーンルーフ、開口高さ調整可能なパワーテールゲート、9インチのインフォテインメント用タッチスクリーン搭載です。SEハイブリッドの追加以外にも、ブラックのルーフとボディカラーにカルバリーブルーを採用したXSEなどが、RAV4の2022年モデルとしてラインアップされます。

さらに、LEハイブリッド、XLE、XLEハイブリッドは、足回りにも新たなホイールカラーのオプションが追加されています。そして、XLEプレミアム・ハイブリッドとリミテッド・ハイブリッドのアドベンチャーグレードではホイールデザインが刷新。

XLE以上のモデルでは、新しいデザインのヘッドランプが標準装備され、スタイルと機能性が向上。XLEプレミアム、リミテッド、アドベンチャー、そしてTRDオフロードでは、LEDフォグランプが標準標準装備されています。インテリアでは、全モデルとも、ロック可能なLED照明グローブボックスやLEDインテリアライトなどがアップグレード。XLE以上のモデルでは、車内のスイッチがLED化され、リミテッドでは助手席に8ウェイのパワーシートが新たに装備されています。

2022年モデルのRAV4の価格は現時点では発表されていません。トヨタは、価格を含めた2022年RAV4の詳細を12月のリリース時に明らかにするとコメントしています。トヨタはRAV4の他にも、2022年モデルでいくつかの車を大幅にアップデートしています。

その中でも特に注目すべきは、フルサイズピックアップトラックのタンドラ。V型8気筒エンジンのオプションが無くなった代わりに、V型6気筒ツインターボエンジン、10速ATを搭載し、価格は36,000ドル(約410万円)から。ローエンドのタンドラは最大出力348hp、最大トルク405lb-ftを発揮。一方、ハイブリッドを組み合わせたハイエンドの短ドラは最大出力437hp、最大トルク583lb-ftを発揮します。

また、トヨタがスープラにマニュアルトランスミッション (MT)を追加する動きを見せていると報じられたことも注目が集まっています。スプーラの新ラインアップは、当初は4気筒にのみMTが設定されると報じられていましたが、その後、直列6気筒に設定されると訂正されています。

さらに、BMWのM3やM4に搭載されている直列6気筒ターボエンジンを搭載するパフォーマンスが向上したスープラが登場するのという噂もあり、スープラファン、トヨタファンにとって2022年は期待の年となりそうです。

コメント