ラドフォード『ロータス タイプ62-2 』 高級時計ブレモントとコラボのレトロモダンなインテリアを公開

英国のコーチビルダー「ラドフォード」がロータス タイプ62-2のインテリアを公開しました。ラドフォードは、英国の高級時計メーカー「ブレモント」とのコラボにより、ロータスのクラシックなレーシングカーを彷彿とさせるレトロモダンなインテリアを実現。外装同様、インテリアも目を見張るものがあります。

3本スポークのステアリングホイールが装備されたロータス タイプ62-2は、インテリアの随所にカーボンファイバーのアクセントが施されています。ダッシュボードを飾るブレモントの時計とストップウォッチ、剥き出しのギアリンケージがクラシックレーシングカーの雰囲気を演出しています。

レトロな印象とは裏腹に、カスタマイズ可能な複数のデジタルディスプレイなど、現代的なエレメントを随所に備えるロータス タイプ62-2。両サイドにはサイドビュー用の小型ディスプレイが配置され、外部カメラの映像により周囲の状況を確認できるようになっています。

近年主流のインフォテインメント用大型ディスプレイの代わりに、スマートフォン用のドッグとワイヤレスチャージャを搭載。コックピットは、レザーとアルカンターラが絶妙に組み合わされた仕上がりとなっています。シートベルトはフルハーネス式を採用し、ドライバーとパッセンジャーをがっちりホールドしてくれます。

ロータス タイプ62-2にはクラシック、ゴールドリーフ、そしてジョン・プライヤー スペシャルの3種類の仕様が用意されます。3モデルともエンジンは、ロータスのエヴォーラやエミーと共通のトヨタ製3.5リットルのスーパーチャージ付きV型6気筒エンジンを搭載。クラシックとゴールドリーフは、6速マニュアルトランスミッションを標準装備し、7速デュアルクラッチへの変更も可能。最大出力はクラシックが430hp、ピストンとカムシャフトでアップグレードされたゴールドリーフが500hpを発生します。

一方のジョン・プライヤー スペシャルは、最大出力600hpを発揮し、トランスミッションは7速ドュアルクラッチを搭載。各モデルともカスタムメイドのボディカラーリングを採用し、グリップやダウンフォースを向上させるための装置が装備されます。ロータス タイプ62-2は、ハードコアなレーシングカーの外観を保ちつつ、快適性にも配慮したクルマに仕上がっています。

ロータス タイプ62-2は、その名前にちなみ3モデル合わせて62台のみの限定生産となります。今年の年末より製作を開始し、2022年初旬にデリバリー開始予定。価格は今のところ未公表です。

コメント