ほぼすべての道路で手放し運転が可能に!米GM、半自動運転システム「ウルトラクルーズ」発表

GMは、新しいハンズフリーの運転支援システム「ウルトラクルーズ」を公開しました。米国とカナダの合計540万km以上の道路で利用可能であるとのこと。現行の「スーパークルーズ」をベースに開発されたこのシステムは、走行シーンの95%でハンズフリーの半自動運転を実現すると言われています。

GMは、「高速道路だけでなく、市街地、分譲地、舗装された田舎道など、ほぼすべての道路でウルトラクルーズを使って真のハンズフリー走行ができるようになります」と発表。理論的には、出発地から目的地まで、ハンズフリーの走行が可能になるというわけです。

現行のスーパークルーズは、GMが事前に地図を作成した高速道路でのみ機能します。今後は主流モデルにスーパークルーズを、上級モデルにウルトラクルーズを搭載して販売する計画です。GM傘下のブランドとしては、キャデラックから導入されます。

スーパークルーズは高速道路を離れると自動的に停止しますが、ウルトラクルーズは継続して作動します。常設の交通規制装置への反応、制限速度の検知と調整、自動車線変更、右左折、接近物の回避、さらには住宅地での駐車も可能になります。

カメラ、レーダー、LiDARなど複数のセンサーを組み合わせることで、自車の周囲360度を認識しています。車内には、ドライバーが前方道路に注意を払っているかどうかを確認するアテンション・モニタリング・システムが搭載されています。ウルトラクルーズ専用アプリも用意され、車内のタッチスクリーンからアクセスできるようになります。

キャデラック『リリック』

このアプリでは、ウルトラクルーズの機能やドライバーの責任に関する説明、過去の走行データなどの情報を閲覧可能。また、診断システムによりウルトラクルーズの改善点を自動的に見つけ出し、その状況をビデオ撮影してGM本社に送り、技術を改良していきます。

GMによれば、ウルトラクルーズ搭載車は2023年に登場するとのこと。具体的なモデルはまだ確定しておらず、価格についても現時点では不明です。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント