リアルすぎるミニカー 価格は約200万円 ポルシェ、フォードなど精密に再現

最高級のミニカーを販売しているアマルガム・コレクションは、ル・マン24時間レースを主催するACO(Automobile Club de l’Ouest)とパートナーシップを結び、歴史的なレーシングマシンの数々を発表しました。

特筆すべきは、ブガッティの『タイプ57Gタンク』です。これは1937年にル・マンを制したマシンで、3台しか製造されていません。そのうち2号車が1936年のフランスGPを、3号車がル・マンを勝ち抜きました。

ブガッティ『タイプ57Gタンク』

しかし、1号車は1936年のパリ・オートサロンでデビューした後、謎の失踪を遂げました。アマルガム社は、この タイプ57Gタンク を1/8スケールで再現し、18,500ドル(約200万円)で販売しています。

1971年のル・マン24時間レースで優勝したマルティーニカラーのポルシェ『917K』も見逃せません。実車の写真をもとに、ボディのダメージや汚れなどが精密に再現されています。モデルは1/8スケールで、キットには実際の写真のコピーが付属し、価格は19,952ドル(約220万円)からとなっています。

フォード『GT40』は、2019年の映画『フォードvsフェラーリ』でも活躍した、1969年のル・マン優勝マシンを再現。1/8スケールで、価格は約15,000ドル(約160万円)から。他にもフェラーリ、ジャガー、アストン・マーチン、マクラーレンなども用意されています。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント