唯一無二の911ターボS 伝説のレーシングドライバーへのオマージュ

ポルシェは、ポルシェ・ラテンアメリカ、ポルシェ・メキシコ、ポルシェ・エクスクルーシブ・マヌファクトゥールと共同で、故ペドロ・ロドリゲス氏を偲んで『911ターボS』のワンオフモデルを製作しました。ロドリゲスは、メキシコのレーシングドライバーとして1960~70年代に活躍した人物です。

ロドリゲスは、1970年と1971年にガルフオイルのカラーリングを施したポルシェ917 KHを駆り、メイクス世界選手権(現在の世界耐久選手権)で11のタイトルを獲得しています。フォーミュラ・グランプリで2勝、デイトナ24時間レースで4勝、ル・マン24時間レースで1勝を挙げましたが、1971年にドイツ・ニュルンベルクのノリスリンク(公道コース)でクラッシュし、命を落としました。

「One of a Kind ペドロ・ロドリゲス」と「917」

その衝撃的な事故から50年、ポルシェは911ターボSのワンオフモデル「One of a Kind ペドロ・ロドリゲス」を製作し、伝説のドライバーへオマージュを捧げました。このクルマは、メキシコのトルーカにあるCentro Alto Rendiminetoで開催されたイベント「Sportscar Together Day」で披露され、歓声を集めました。

「One of a Kind ペドロ・ロドリゲス」は、その名の通り唯一無二のワンオフモデルです。ポルシェ・メキシコのディレクターであるカミロ・サンマルティンは、「ポルシェ・コンフィギュレーターと生産システムより複製できない」と語っています。

「One of a Kind ペドロ・ロドリゲス」のインテリア

象徴的なガルフブルーの塗装にオレンジのシングルストライプを施したこのクルマは、ハイグロス・ブラックホイール、アルミ製センターロックを備え、白丸に「2」のグラフィックが施されています。Bピラーを見ると、メキシコ国旗の色をまとった917KHのシルエットが描かれており、ペドロ・ロドリゲスの名前とサインが添えられています。

そのほか、ドアフレーム下部のカーボン・モールディング(ドアを開けるとライトアップされる)、グラファイトブルーのレザーシート(オレンジのステッチ入り)、リアスポイラーの下にはロドリゲスがポルシェ917KHに乗って獲得した8つのレースの賛辞が刻まれています。

また、ロドリゲスのサインが入ったガルフブルーのキーフォブや、同じブルーとオレンジを基調としたラゲッジセットも付属。パワートレインは変わらず、ターボ付き3.8Lフラット6を搭載し、最高出力640hpと最大トルク800Nmを派生。8速デュアルクラッチを装備しています。

このポルシェ911ターボSのワンオフモデルは、今年末にオークションに出品される予定です。オークションの収益は、さまざまな慈善団体に寄付されるとのことです。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント