【2021年版】SUV専門店に聞いた今人気のSUV5選 注目すべきモデルはどれ?

力強く存在感のあるデザイン、荷物をたくさん積み込める荷室、大人がゆったり座れる室内スペースを持つSUV(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)は、サイズや排気量を問わず世界中で人気を集めています。さまざまな自動車メーカーから色とりどりのモデルが発売されていますが、選択肢が多くてどれを買うべきか迷ってしまうこともあるでしょう。そこで、SUVを専門で取り扱う販売店に話を聞き、今注目すべき人気モデルをピックアップしました。

今回取材したのは、SUV専門店のGOOD SPEED。東海地方を中心に30店舗以上を構え、国産・輸入車問わず数多くのSUVを取り扱っています。専門店ということで、SUVにはかなり詳しいはず。そこで、広報担当の方に今人気を集めているSUVとその理由について聞きました。

1.トヨタ ハリアー

トヨタ『ハリアー』

2020年6月にフルモデルチェンジし、4代目となったトヨタ『ハリアー』は、都会派の中型SUVとして人気を集めています。オフロード志向の強い『RAV4』と共通のプラットフォームを採用しながら、その性格は対極的で、ハリアーはクーペのような流麗なスタイルを特徴とする高級志向のモデルとなっています。

1997年に「高級セダンの乗り心地と快適性を兼ね備えたクロスオーバーSUV」として登場した初代モデルは、それまでのSUVのイメージを覆す高級車としてまたたく間に人気を集めました。GOOD SPEEDの広報担当の方によると、ハリアーは「新型も旧型も人気」とのこと。快適装備と都会派デザインが多くの人に受け入れられているようです。

2.スズキ ジムニー

スズキ『ジムニー』

スズキ『ジムニー』は1970年に初代が発売された、軽自動車の本格オフロードSUVです。4代目となる現行モデル(JB64)は2018年に登場するや否や、納車1年待ちとなるほどの大人気車種となりました。歴代モデルのスクエアなデザインを継承しつつ、安全性や運転のしやすさ、快適性を向上。受注に生産が追いついていない様子で、中古車でも数がそれほど多く出ていません。

GOOD SPEEDの広報担当者いわく、「言わずとしれた軽SUV人気の車種」とのことですが、3ドアで燃費もそれほど良くないにもかかわらず、これほどまでに人気を集めているのは、ジムニーに代わるクルマが他にないということも大きいのではないでしょうか。屈強なラダーフレームは雪や山道などさまざまなアウトドア・シチュエーションに対応し、道具感のある可愛らしいデザインは街中にも溶け込みます。軽自動車ならではの維持費の安さも嬉しいポイントです。

3.トヨタ ランドクルーザープラド

トヨタ『ランドクルーザープラド』

本格オフローダーといえば、トヨタ『ランドクルーザープラド』も忘れてはいけません。クルマに詳しくない人でも、「ランクル」の名には聞き覚えがあるのではないでしょうか。長い歴史を持つランクルは、日本だけでなく北米、欧州、中東など世界中に熱狂的なファンを持ちます。過酷な砂漠や深い雪道、険しい岩山もなんのその。どんな道でも走破できてしまう高いオフロード性能を誇る4WD車で、その力強さを強調するデザインも特徴的です。

現行のランドクルーザーシリーズには「200系」と「150系(プラド)」がありますが、後者は比較的サイズもコンパクトで、街乗りにも向いています。ハリアーよりは大型ですが、着座位置が高いので見晴らしがよく、意外にも運転しやすいクルマです。「キャンプなどアウトドアに強い」こと、そして「安定感」の高さが人気の秘訣となっているようです。

4.マツダCX-5

マツダ『CX-5(画像は先代モデル)』

マツダの主力モデルとも言える人気SUVが『CX-5』です。最大の特徴は、なんといっても「マツダ車らしいデザイン」にあります。マツダ独自の魂動(こどう)デザインを採用し、上品で落ち着いた雰囲気を醸しながら今にも走り出しそうな躍動感を持ちます。インテリアの質感や機能性の高さも嬉しいポイント。

4WD車では、悪路の走破性を助ける高度な制御システムを搭載しています。オフロード・トラクション・アシスト(OTA)と呼ばれる新機能によって接地性の低いタイヤの空転を抑制し、安定性を向上。見た目は都会的ですが、幅広いアウトドアにも対応できる実力を備えています。

5.日産キックス

日産『キックス』

日産『キックス』は、他のSUVとは大きく異なる特徴を持っています。日産独自のハイブリッド技術「e-Power」を搭載しており、EV(電気自動車)と同じように走ることができるのです。エンジンは「発電機」として作動し、そこから得られる電気の力で車輪を動かすという、シリーズ式ハイブリッドと呼ばれる方式を採用。静かでトルクフルな走りを見せます。

バッテリーが十分に充電されている場合、エンジンは停止するため、夜の住宅街など騒音が気になるシーンに活躍するでしょう。このような方式は「SUVタイプとしては初」とのことで、大いに注目を集めているようです。EVが欲しいけど、自宅に充電設備が整っていないという人は多いはず。クルマの電動化が進む中で、現実的な選択肢となりうるSUVです。

人気のSUV 中古車・未使用車も大いにアリ

気になっている色や装備を実車で確認できるのも中古車・未使用車のメリット。

今人気のSUV5車種を紹介してきました。どれも現在新車で販売されているモデルですが、スズキ ジムニーのように納車待ちとなっているものもあります。中古車や未使用車ならすぐに手に入れることができ、さらに購入費用を抑えることもできます。今回取材したSUV専門店GOOD SPEEDでは、ジムニーをはじめ数多くの中古車・未使用車を取り扱っています。SUVを探しているのであれば、新車意外の選択肢も一度検討してみるといいかもしれません。

GOOD SPEED公式サイトはコチラ

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント