マスタングの限定モデルが買える!ホットウィールRLC会員、3月9日募集開始

米国のミニカーブランド、ホットウィールのRLC(レッドラインクラブ)の2021年度デジタルメンバーシップの募集が3月9日午前9時(太平洋時間)に開始されます。入会特典として美しいオレンジカラーの「’70 Mustang Boss 302」を数量限定でリリース。ただし、今年はこれまでと仕組みが大きく異なります。

RLCとはホットウィールのファンに向けた有料会員クラブで、入会するとメンバーシップカーと呼ばれる会員限定モデルの購入権などが与えられます。通常であれば年会費は29.99ドル(約3,200円)で、入会特典としてメンバーシップカーがもらえるのですが、今年は仕組みが大きく変わりました。基本年会費は9.99ドルで、追加で20ドルを支払うことでメンバーシップカーを手に入れられるようになりました。

2021年度のメンバーシップカー「’70 Mustang Boss 302」

毎年異なるメンバーシップカーが用意されていますが、今年購入できるのは’70 Mustang Boss 302です。

ボディカラー: スペクトラフレームブライトオレンジ
デコ:ブラックストライプ
ボディタイプ:ZAMAC
ホイール:リアルライダーズGTホイール
ベース:フルメタル、マットブラック塗装のシャシー
ウィンドウカラー:ライトスモークティンテッド
内装色:ブラック

メンバーシップカーなしのプラン(9.99ドル)でも、会員特典は通常通り(限定モデル購入権、先行オファー、限定情報、フォーラム参加権など)で変わりません。

メンバーシップの詳細や入会はホットウィールの公式サイトから確認できます。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴:マツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』&ホンダ『クロスカブ50』/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント