ブガッティとTIDALがコラボ 超高級ホームオーディオ発表

ブガッティとドイツのオーディオブランド「TIDAL」が、ホームオーディオ業界に新たな基準を打ち立てようとしています。両社のコラボレーションにより完成した『The Bugatti of Home Audio』は、優れた品質、比類のないクラフトマンシップを提供します。

このオーディオは「Monocoque」と「Duotone」の2つのテーマで構成されており、仕上げ、色、素材から好みの組み合わせを選ぶことができます。また、ダークアルミニウム、レザー、カーボンファイバー、ポリッシュ仕上げのステンレススチール、ファブリック、その他の貴金属など、特別な素材も使用できます。前面にはブガッティのトゴが施されています。

音質はブガッティのハイパーカーを彷彿とさせるもので、驚くほどパワフルでありながら、繊細さも十分に備えています。1つのスピーカーに4つのサブウーファーを搭載。ブガッティの実車にも採用されているダイヤモンド・ダイアフラム・トゥイーターを備えた3ウェイのフロントユニットが、中音域と高音域を奏でます。

強力なアンプチャンネルがサウンドをコントロールします。また、ユニットに内蔵されたミュージックコントローラーを介して、複数の端末から音楽を再生することができます。

The Bugatti of Home Audioは、「Edition Noir」と「Edition Blanc」の2モデルが15組限定で発売されます。

価格は未公開ですが、ブガッティを所有できる人に向けたオーディオですから、金額は気にならないのかもしれません。

林 汰久也

愛知県在住29歳/ハウスメーカーの営業を経て、IT系ベンチャーのメディア事業に参画。2020年よりフリーのライターとして活動開始/愛車遍歴はマツダ『RX-8』⇒シトロエン『C4』⇒スバル『フォレスター』(今ここ)/ゲームはPS派だが、最近ゲーミングPCが欲しいと思っている。

コメント