マットな蛍光色が目を引く ランボ「ウラカンEVO」に特別カラー登場

イタリアのスーパーカーメーカー、ランボルギーニは、「ウラカンEVO」に大胆なボディカラーを施したコレクション「フルオ・カプセル(Fluo Capsule)」を追加しました。5種類の蛍光色が目を引くカラーリングが用意されており、他のクルマとは一線を画す鮮やかな印象を残します。

アランチョ・リヴァリア(オレンジ)

ボディカラーは以下の5色。すべてマット仕上げとなっています。

  • ヴェルデ・ショック(グリーン)
  • アランチョ・リヴァリア(オレンジ)
  • セレステ・フェドラ(ブルー)
  • アランチョ・ダック(オレンジ)
  • ジアッロ・クララス(イエロー)

さらに、ルーフ、サイドスカート、ミラー、フロントスプリッター、リアディフューザーなどにマットブラックを採用。ボディカラーとのコントラストにより、鮮やかで魅惑的な雰囲気を演出しています。

ヴェルデ・ショック(グリーン)

インテリアには、ブラックをベースにボディカラー同色のアクセントを施しています。標準のコンフォートシートに加え、レザーとアルカンターラのスポーツシートを新たに設定。ストップ/スタートボタンやヘッドレストにもアクセントがあしらわれています。

ウラカンEVOは、5.2L V10エンジンと7速DCTを搭載し、630馬力、600Nmのトルクを発生します。0-97km/h加速は2.9秒、最高速度は325km/hを超えます。直線で速いだけでなく、全輪ステアリングシステムとLDVI(ランボルギーニ・ディナミカ・ヴェイコロ・インテグラータ)のダイナミクス制御システムにより、コーナリング性能も高めています。

アランチョ・ダック(オレンジ)

フルオ・カプセルは、2021年モデルのランボルギーニ・ウラカンEVOのみに設定。価格は発表されていませんが、標準のウラカンEVOは2,654万円からとなっています。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント