シボレー「シルバラードHD」に改良新型 牽引力を強化したピックアップトラック

シボレーは2021年モデルの「シルバラードHD」とともに、4種類の特別仕様車を公開しました。スタイリングやパワートレインに改良を施し、最大36,000ポンド(約16,000kg)という圧倒的な牽引力を発揮します。

シボレー「シルバラードHD Carhartt Special Edition」

最上位モデルの3500 HDは6.6Lディーゼルエンジン「デュラマックス」と10速ATを搭載しています。専用のサスペンションやホイールのほか、牽引用の8つのカメラなど複数の機能を備えます。牽引力は、改良により500ポンド(約230㎏)向上しました。

シボレー「シルバラードHD Carhartt Special Edition」

トレーラーの長さを示すインジケーターを装備しており、車線変更時などに他の車両を検知するとセンターディスプレイに警告を表示します。また、トレーラーの位置を監視し、ジャックナイフ現象が発生しそうになると警告を発する機能もあります。トレーラービューカメラには、ガイドラインとトレーラー角度インジケーターを追加したほか、リアサイドビュー機能が強化されています。

シボレー「シルバラードHD Carhartt Special Edition」

シルバラードHDには、画像の「Carhartt Special Edition」をはじめとして、「Midnight Edition」、「Z71 Sport Edition」、「Z71 Chrome Sport Edition」の4種類の特別仕様車が用意されています。

2021年モデルのシボレー・シルバラードHDは今秋に発売される予定です。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント