レクサス「RC」改良新型 安全装備と特別仕様車追加

レクサス「RC」の2021年モデルが北米で発表されました。標準の安全装備が強化されたほか、特別仕様車「ブラックライン」も新たに設定されています。

2021年モデルのレクサスRC 300は、2.0Lツインスクロールターボとインタークーラーを備え、241馬力、350Nmのトルクを発生する直列4気筒エンジンを搭載。8速AT、後輪を駆動します。この構成では、高速道路(EPA)で12.7km/lの燃費を達成しています。

RC 300 AWDは、より大きな3.5L V6エンジンを搭載し、260馬力と320Nmのトルクを発生します。トランスミッションは6速ATを採用。

一方、RC 350では、311馬力と380Nmのトルクを発揮するV6エンジンを搭載。0-97km/h加速のタイムはRWDで5.8秒、AWDで6.0秒とされています。

安全装備としては、ブラインドスポットモニターや歩行者検知機能、プリクラッシュアラート、車線逸脱警報、ダイナミック・レーダー・クルーズコントロール、インテリジェントハイビームを含む「Lexus Safety System+(LSS+)」を全車に標準装備しています。

特別仕様車のブラックラインはRC 300とRC 350のFスポーツに設定されており、レクサスのラインナップでは「NX」、「ES」、「RX」に続く追加です。ダークカラーのエクステリアパーツ、ホイールなどを備え、アグレッシブな雰囲気を強めています。

また、このパッケージには特注のゼロハリバートン・トラベルケースのセットが含まれており、エッジライトウェイト22インチのコンチネンタルキャリーオンと26インチのミディアムトラベルケースが付属します。

19インチのブラッククロームFスポーツホイール、ダークカラーのエキゾーストシステム、専用のトリプルビームLEDヘッドライトを採用。ボディカラーには、クラウドバーストグレーやウルトラホワイトなどの新色が用意され、Fスポーツにはグレシャンウォーターが採用されています。

インテリアでは、シルバーステッチを施したブラックニュラックスの内装材と、純正のアッシュウッドパーツを装備しています。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント