発売延期 ポルシェ「タイカン・クロスツーリスモ」 理由は?

ポルシェ「タイカン・クロスツーリスモ」の発売延期が発表されました。人気の電気自動車「タイカン」のワゴンバージョンであり、発表時には多くのEVファンを興奮させました。

クロスツーリスモのコンセプトモデル

タイカン・クロスツーリスモは、ポルシェが新型コロナウイルスによる不況を乗り切るのに貢献してきた「タイカン」をベースにしたワゴンです。発表によると、発売は今年後半から2021年初頭に延期されるとのこと。

発売そのものはキャンセルされません。ポルシェは、新型コロナウイルスの影響下にありながら、2020年中に2桁台の利益率を維持する見込みであると述べています。

Porsche Taycan
ポルシェ「タイカン」

ポルシェCEOのオリバー・ブルーメ氏は、クロスツーリスモの計画変更はポルシェに不利益をもたらすものではないと述べ、サイクルプランを最適化したかっただけであると指摘しています。

ブルーメ氏は、中国での需要が回復してきたことで、ポルシェは2020年上半期に欧州の自動車メーカーの中で最も多くの収益を上げることができたとしています。

ポルシェ「911ターボS」

世界経済が不況にさらされる中、ポルシェはフォルクスワーゲングループで最も収益性の高いブランドであり続けています。2020年上半期に黒字を維持した自動車メーカーは、ポルシェ、テスラ、トヨタの3社のみ。

ポルシェとテスラが黒字を維持しているのは、景気後退の影響を受けにくい富裕層の購入者に支持されているためであり、驚くことではないかもしれません。

ポルシェ「タイカン」

タイカン、「911ターボ」、「911タルガ」はすべて、ポルシェが収益性を維持するのに役立ったと言われています。また、不要な経費を削減したのも収益向上につながっています。

ライバルのテスラ「モデルS」に比べて航続距離が短いにもかかわらず、ポルシェ初のピュアEVであるタイカンは高い人気を獲得しています。クロスツーリスモも美しい車です。この数ヶ月の延期により、ポルシェは現在販売されているタイカンの製造に集中することができるようになりました。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント