マツダ「CX-9」改良新型 7人乗りSUV 米国で発表

2021年モデルのマツダ「CX-9」が北米で発表されました。新技術と新しいオプションを採用し、マイルドにアップデートされています。CX-9は、見栄えの良い7人乗りクロスオーバーの1つですが、美しさは安くはありません。マツダは2021年モデルのCX-9の価格をマイルドに引き上げていますが、その代わりに多くの特典が用意されています。

最大の変更点は、従来の7.0インチもしくは9.0インチのインフォテインメントスクリーンから、新しく大型化された10.3インチのスクリーンになったことです。また、新たに設定されたパッケージオプション「カーボンエディション」は、「CX-5」や「マツダ6 セダン」にも設定されています。

カーボンエディションを選ぶと、新色のポリメタルグレー、ブラックのエクステリアパーツ、ブラックの20インチアルミホイール、メタリックパーツを施したレッドの内装材を採用しています。

エントリーグレードのの「スポーツ」の価格は、33,960ドル(362万円)からとなっています。ライバルであるキア「テルライド」やホンダ「パイロット」よりも高価ですが、自動セルフレベリングLEDヘッドライト、LEDテールライト、サイドミラーヒーター、18インチアルミホイール、オートワイパー、Apple Car Play/Android Auto接続機能など豪華装備を揃えています。

「ツーリング」グレードは35,750ドル(381万円)からで、レザーシート、6ウェイ調整機能付きパワーシート、スライド&チルト機能付き2列目ベンチシート、を装備。

最上位の「シグネチャー」グレードは46,605ドル(497万円)からで、AWDのみの設定となっています。

パワートレインは、レギュラーガソリンで最高出力227馬力/最大トルク420Nmを発揮する2.5L 直列4気筒ターボを搭載。オクタン価93のハイオク燃料を使用すれば、250馬力と433Nmに向上します。トランスミッションは6速AT。

最新の安全装備「i-Activesense」を全車に標準装備しており、360度モニター、スマートシティブレーキサポート、ドライバー注意喚起システム、レーダークルーズコントロール、車線逸脱警報、ブラインドスポットモニターなどがあります。

2021年モデルのマツダCX-9は、8月末より北米市場で発売されます。

林 汰久也

愛知県在住 28歳。ハウスメーカーの営業を経て、ITベンチャー企業のメディア事業に参画。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。マツダRX-8、シトロエンC4を乗り継ぎ、現在は2010年式スバル フォレスターに落ち着く。

コメント