V8が帰ってきた!2021年モデル ポルシェ カイエンGTS/GTSクーペ

ポルシェは、2021年モデルのカイエンGTSおよびカイエンGTSクーペの予約受注を開始しました。V8エンジンを復活させ、ファミリーカーにも速さが必要であることを声高に謳っています。この4.0L V8ツインターボは、ポルシェがパナメーラGTSで使用しているものと同じで、最高出力453馬力/最大トルク620Nmを発揮します。

ポルシェはこれに8速ティプトロニックSを組み合わせ、ポルシェ・トラクション・マネージメントシステム(PTM)の全輪駆動を採用しています。カイエンGTSの0-97km/hのタイムは4.5秒ですが、オプションでスポーツクロノパッケージを追加すると、パフォーマンススタート機能により4.2秒に短縮されます。カイエンGTSクーペには標準装備されています。

トップスピードはどちらも270km/hで、3チャンバー式エアサスペンションも標準装備。ポルシェによれば、通常のカイエンSと比較して30mm車高を下げることができるといいます。ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント(PASM)ダンパーも見直され、低重心化により安定性が向上しています。

このスタンスの変化は、エクステリアにも反映されています。スポーツデザインパッケージを装着し、フロントエアインテーク、サイドウィンドウトリム、テールパイプ、さらにリアのポルシェロゴやモデル名のバッジをブラックで仕上げています。サテンブラックの21インチRSスパイダーデザインホイール、ダークカラーのティンテッド仕上げのポルシェダイナミックライトシステム付きLEDヘッドライトおよびLEDテールライトを装備。

リアのスポーツエキゾーストシステムは、カイエンGTSとカイエンGTSクーペの両方に標準装備され、スポーティなサウンドを楽しむことができます。一方、カイエンGTSクーペには、ライトウェイトスポーツパッケージがオプションとして設定されています。これを選ぶと、高周波チューンを施したオーバル型のテールパイプがリアバンパー中央に配置されます。ポルシェによれば、その音量はさらに大きくなっているとのことです。

インテリアでは、8ウェイ調整可能なスポーツシートを標準装備。サイドボルスターを高くし、コーナリング時のサポート性を向上させているほか、ヘッドレストにはGTSのロゴをあしらっています。シートのセンターパネル、センターコンソールのアームレストとドア、ルーフライニングにはアルカンターラを採用。ブラックブラッシュド仕上げのアルミトリムも装着し、プレミアム感を高めています。

ポルシェによると、両モデルとも今年秋ごろの納車予定だといいます。価格は、カイエンGTSが1,682万円、カイエンGTSクーペが1,752万円となっています。

林 汰久也

愛知県在住 27歳。ハウスメーカーの営業を経て、IT企業のメディア事業に参画。記事制作ディレクターとして店舗紹介記事などの制作に携わる。現在は退職し、フリーのライターとして活動中。

コメント