G-SHOCKからカモフラージュ柄のNewモデルが登場

「壊れない時計をつくる」という構想のもとに、最高の耐衝撃性をすべてのモデルのベースとしているG-SHOCK。2019年11月、G-SHOCKはオールメタルシリーズで唯一となるカモフラージュ柄のNewモデルを発表しました。このデザインは、MT-GとGMWB5000シリーズで採用されており、従来のモデルと同様に優れた耐久性を備えています。

DW-5000Cの遺伝子を受け継ぐ GMWB5000TCM-1

今回、カモフラージュ柄が採用されたモデルのひとつであるGMWB5000TCM-1は、DW-5000Cの遺伝子を受け継いだ四角い文字盤とデジタルディスプレイがアイコンのモデルで、カシオ公式オンラインショップでの販売価格は、2020年1月時点で¥192,500(税込)となっています。 使用している49.3×43.2×13.0 mmのチタン製のケースとバンドには、レーザー彫刻を活用した特殊な仕上げにより、独特のカモフラージュ柄が施されており、スチールシリーズに比べ60グラムの軽量化を実現しています。

また、以下の主要機能も備えています。

  • ショックレジスト(耐衝撃構造)
  • ストップウォッチ(1/100秒単位)
  • モバイルリンク機能
  • 電波受信機能
  • LEDバックライト
  • 20気圧防水

メタルと樹脂を融合させたMTGB1000DCM-1

GMWB5000TCM-1の他に、MTGB1000DCM-1にもカモフラージュ柄が採用されています。MTG-B1000シリーズはメタルと樹脂を融合した丸い文字盤が特徴のモデルで、カシオ公式オンラインショップでの販売価格は、2020年1月時点で¥159,500(税込)となっています。

こちらにも同様にレーザー彫刻によるカモフラージュ柄が施されており、高級感を漂わせる外見となっています。また、バンドの裏面には、軽量で耐久性の高いファインレジンパーツを組み合わせることで着用感を向上しています。 また、強力なソーラーテクノロジーやBluetooth®接続による時刻修正に対応した「Connectedエンジン」を搭載しているほか、次のような機能も搭載しています。

  • トリプルGレジスト(耐衝撃・耐遠心重力・耐振動性能)
  • ストップウォッチ(1秒単位)
  • 電波受信機能
  • LEDバックライト
  • 20気圧防水

まとめ

今回、2つのモデルに登場したカモフラージュ柄は、レーザー彫刻による特殊な仕上げにより色調に独特の濃淡が生まれ、その深みがタフネスの中に高級感を漂わせる新しいデザインでした。クラシカルな四角い文字盤が特徴のGMWB5000TCM-1と、メタルと樹脂を融合した丸い文字盤が特徴のMTGB1000DCM-1、あなたならどちらを選びますか?

コメント