MITがシャツに織り込むバイタルサインを監視できるセンサーを開発

MITの研究者たちは、電子センサーを伸縮性のある生地に組み込む方法を開発しました。画期的な技術により、温度、呼吸数、心拍数などのバイタルサインを監視するために使用できるシャツやその他の衣服を作成できます。センサーを搭載した衣類は洗濯機で洗え、着用者の体にぴったり合うようにカスタマイズできます。

チームは、このタイプのセンシング衣服は、自宅と病院の両方で病気の人を監視するために使用できると考えています。センサーを搭載した衣服は、アスリートや宇宙飛行士の監視にも使用できます。 MITの科学者は、テキスタイルの内部に市販の電子部品や実験室で製造されたカスタム電子機器を埋め込むことができると述べています。チームによると、衣服は毎日快適に着用できるようです。

研究者たちは、私たちが普段着ているような伸縮性のある生地の服に取り外し可能な電子センサーを組み込む服を作ることにしたが、その場合、テキスタイルは電気的に機能しないと言います。

研究チームの主な目標は、温度、呼吸、加速度の観点から身体の物理的活動を測定することでした。センサー自体は長く、柔軟なストリップはエポキシで包まれてから、ファブリックの狭い溝に織り込まれます。溝には小さな開口部があり、センサーを皮膚に接触させることができます。

この研究のために、研究者は30個の温度センサーと加速度計を備えたプロトタイプを設計し、着用者の動き、心拍数、呼吸数を測定できるようにしました。衣服は、ワイヤレスで収集されたデータをスマートフォンに送信することができます。使用する生地は吸湿発散性のあるポリエステル混紡で、運動中に着用するコンプレッションシャツに似ています。

コメント