Galaxy Note 20のアップデートには希望と失望が混在

サムスンはGalaxy Note 20シリーズにいくつかの機能変更を行う予定です。新たに追加される機能がある反面、削除されてしまうものもあり、今回の変更には希望と失望が伴うでしょう。

サムスンに限らずとも、新しい携帯電話が前の世代に基づいて構築されている場合はよくあり、機能改善を繰り返したり、あるいは全く新しい機能を追加したりしながら、各種スマートフォンはユーザーの評価や信頼を獲得するものです。しかし、我々ユーザーが時には一歩下がって冷静にその変化を見つめることも大切です。

韓国メディアの最新の報告によると、サムスンはGalaxy Note 20の画像センサーを減らすことを検討している模様です。特にGalaxy S20 Ultraについては、「カメラが多すぎる」との批判の声もありました。一見高性能ともいえるカメラ機能について、多くのユーザーは過剰であり、性能も決して見かけほど良くないと感じていたのです。

また、同社はGalaxy Note 20だけでなく、将来的に発売するスマートフォンも含めて3D飛行時間センサーまたはToFセンサーを廃止するとのことです。スマートフォンが3Dで正しく世界を見ることができるようにするために必要なセンサーは、事実上完全には利用されておらず、ポートレートやぼかし効果はそれなしでも可能であるとの判断が降りました。ただ、皮肉なことに、AppleがARテクノロジーへの投資の一環として次のiPhoneにそのようなセンサーを搭載すると発表しました。

Galaxy Note 20がGalaxy S20のすべてを備えていると期待する人にとっては残念なニュースかもしれませんが、今回の変更で希望を見出す人も一定数いるはずです。少なくとも理論的には、イメージセンサーが1つ少ないLTEのみのGalaxy Note 20はその分大幅に価格が押さえられる見込みだからです。Galaxy S20 Ultraのやや物議をかもす価格設定を考えると、今回の機能チェンジで良いものは残し無駄は省く、というコストパフォーマンスの改善を期待したいですね。

コメント