SatechiはiPad Proなどに直付けできるUSB-C Wireless Charging Dockを発売

AirPodsのバッテリー寿命は比較的短いですが、ケースは通常の寿命の少なくとも2倍に延長できます。ただし、あまり過信しすぎていると、特にコンセントやApple認定のワイヤレス充電パッドから遠く離れている場合は、ケース自体の充電を忘れる可能性があります。このような状況に合わないようにSatechiは新製品を用意しており、MacBookやiPad Proに直付けしてAirPodsのケースごとその上にのせてワイヤレス充電をすることができます。

ワイヤレス充電は、ケーブルが絡まる負担を軽減しますが、充電パッドを手元に用意する必要もあります。 AirPodsのワイヤレス充電ケースと同じくらい小さいもので、約58 x 45 x 12mm、重さはたったの約34gです。

Satechiの新しいドックはそのシンプルさの点では天才であり、なぜ今まで誰もそのアイデアを利用しようとしなかったのかを不思議に思います。これは本当にシンプルな白いブロックで、AirPodsケースを上に置くのに十分な大きさです。プラグを介してコンセントに接続するのではなく、AirPodsを充電するための電力を供給できるより大きなUSB-Cポートに接続するだけです。

最近のUSB-Cポートの一般的な状況を考えると、ドックに電力を供給することができるデバイスを見つけることは難しくありません。 MacBookや他のラップトップでも十分ですが、USB-Cポートを備えた新しいiPad Proでも十分です。もちろん、タブレットから何かが出ている状態になるのでしょうが、長年のiPad Proの所有者は、おそらくそのことに慣れているでしょう。

AirPods用のSatechi USB-Cワイヤレス充電ドックは5月に$ 29.99で出荷されますが、すでに予約購入できます。 AirPods Proを含むすべてのAirPodsと互換性がありますが、ワイヤレス充電ケースが別に必要になります。

コメント