Apple Watchキッズモードには、アクティビティリング等の新機能が搭載

Apple Watchはとても人気ですが、Appleはすべてのユーザーに、特に子供たちに向けてアピールはしていませんでした。もちろん、若い人たちがApple Watchを欲するのを止めることはできませんが、Appleが構築してきたウェアラブルのシステムは、必ずしも貢献されていませんでした。 ですが、iOS 14がwatchOS 7と共に登場し、それに対応するように設計されたいくつかの新機能が登場したとき、それは最終的に変化する可能性があります。

AppleWatchを子供たちに提供する際の最大の技術的なハードルはデバイス管理です。 iPhoneは複数のApple Watchとペアリングしてアクティブにすることができますが、一度にアクティブにできるApple Watchは1つだけです。どうやら、watchOS 7の新しいキッズモードはその制限を取り除き、親から子に渡したApple Watchを管理して、そのスマートウォッチを管理するためだけに別のiPhoneまたはiPadを必要としないようにすることができます。

Apple Watchのすべての機能が子供向けというわけではありませんが、最も宣伝されている健康機能も含まれています。その機能のほとんどすべて、特にECG測定は、大人を考慮して設計されています。活動や動きを追跡する方法でも、若いユーザーの成長は考慮されていません。

9to5MacがiOS 14でコードを発見し、アクティビティトラッキングをそのレベルに調整しているようです。特に、消費されたカロリーを反映する赤い一番外側のリングは、代わりに、90分の移動を目標として、1日の移動時間を測定します。これは、子供たちが活動を続けることを奨励します。カロリーなどのことを心配したり、大人向けとは少し異なる仕様になっているようです。

iOS 14とwatchOS 7は2020年9月のリリースが予定されています。この新しい「キッズ」アクティビティトラッキングに加えて、新しいwatchOSでは、保護者が1日の特定の時間帯、特に学校の時間帯に子供がアクセスできるアプリや複雑な機能(ウォッチフェイスウィジェット)を制限する「スクールタイム」昨日も搭載されています。

コメント