新生Microsoft Edgeリニューアル。縦に並べられるタブをデフォルトでサポート

Microsoftが提供するブラウザ「Edge」のアップデートが公開されました。主なアップデート内容はタブの表示方法について。バーティカルタブと呼ばれる縦にタブを並べることによって、何のウェブサイトを開いているのかわかりやすくしています。

タブを見やすくする「バーティカルタブ」をサポート

PCブラウザはGoogle Chorome、Firefox、Operaなどがありますが、Microsoftが提供するinternet Explorer(IE)はジョークの的になっていました。そこで、MicrosoftはIEを大幅アップデートし、名称を「Edge」に変更することで挽回を図っていました。

今回、Edgeの新たなアップデートが公開され、さらに使いやすくなりました。アップデート内容はタブの表示方法について。新しく「バーティカルタブ」と呼ばれている、タブを縦に並べることでタブテキストを見やすくし、どのタブが何のウェブサイトを開いているのかわかりやすくなっています。

また、タブのレイアウト方法を変更することも可能で、従来の水平に並べられたタブからバーティカルタブに切り替えることができます。

今回のアップデートはささやかですが、非常に便利な機能になります。ただし、全てのユーザーがこの機能を利用できるようになるには少し時間がかかるようです。

Choromeでも拡張機能を使用すれば、タブを縦に並べることはできますが、Edgeの方がデフォルトでサポートしているので軍配が上がります。新生Microsoft Edgeがこれからどのように使い勝手が良くなってくるのか注目です。

コメント