Windowsのオプションの更新は5月まで保留

COVID-19の大流行のために延期になっているのは、イベントや会議だけではありません。ソフトウェア開発者でさえ、人材の減少と、ユーザーがプログラムの実証済みの安定したバージョンを維持できるようにするために、リリースサイクルのわずかな一時停止を発表し始めました。これは確かにGoogle ChromeとMicrosoft EdgeのWebブラウザに当てはまりますが、現在はWindows 10でも同様です。そして、それは5月まで起こらないと言います。

GoogleとMicrosoftがWebブラウザの新しいバージョンをリリースしないことを決定した理由の1つは、この期間中にこれらのプログラムにバグがあった場合、誤って破壊しないようにすることです。 Chromeの月次サイクルは、通常は問題ありませんが、新機能を介して新しいバグが発生する可能性があります。しかし、アップデートに新しいバグを導入することになると、Windows 10に勝るものはおそらくありません。

マイクロソフトは現在、世界的な公衆衛生状況への対応の一環として、サポートされているすべてのWindowsバージョンのすべての非セキュリティリリースを5月から一時停止することを発表しました。ただし、同じコンピューターが脆弱性にさらされたままになることを避けるために、毎週火曜日にセキュリティ更新プログラムはリリースし続けます。

ここでの問題は、この保留が5月にのみ開始されるということです。これは、1か月以上先の事です。それでも、新しいアップデートが届くまでには長い時間があり、仕事の時も遊びの時も両方の時に重要になった場合にコンピュータが使えなくなる可能性があります。実際、マイクロソフトは3月の累積的な更新プログラムをリリースしましたが、少なくとも現時点では、既知の問題はないと主張しています。

マイクロソフトはまた、次の主要なWindows 10リリース、別名バージョン2004(1H20)についても口を開いていません。それは4月か5月頃にリリースされる予定なのでしょうが、状況を考えると、おそらくそれも保留になる恐れがありそうです。

コメント