iOS 14に標準の筋トレアプリが追加されそう

Apple Watchを出してからというもの、Appleは健康分野へ力を入れてきました。そして、ここにきて、iOS14に筋トレアプリが追加されそうなことがわかってきました。

Seymour(シーモア)と言うプロジェクトが進行中

現在、AppleはActivityアプリを標準アプリとして用意しています。このアプリは、ランニングや筋トレといったワークアウトの目標達成をサポートするもの。しかし、多くの人が使っているかというと、そういうわけでもありません。

CNBCによると、このワークアウトアプリのコードネームは「Seymour(シーモア)」と言うそう。開発は、2013年にAppleに入社し、現在は同社のフィットネステクノロジー担当シニアディレクターを務めているJay Blahnikが率いています。

どんなアプリになりそうか?

Seymourは、運動をしたいユーザーをより親身にサポートするアプリになりそうです。メイン機能は、ガイド付きトレーニングビデオをダウンロードできるようにすること。わざわざYouTubeやInstagramを見ることなく、専用のアプリをダンロードすることなく、iPhone上でトレーニング動画を見れてしまうのです。

対応デバイスは、iOS14、watchOS7、tvOS14。ユーザーは、トレーニングをどこで見るかオプションを選択できるようになる予定。tvOS14に追加されると言うのも面白い話ですね。テレビを見ながら、自宅でワークアウトする日も近いかもしれません。MacRumorsによると、このアプリにはサイクリングやボート漕ぎから筋力トレーニング、さらにはヨガまで、幅広い種類のアクティビティが含まれる予定とのこと。

無料になるかも

世の中はお金を払ってアプリを購入している人も大勢いますが、Appleは無料で解放しようと考えているようです。少なくとも、現時点では課金のシステムは見つからないそう。こうなってくると、戦々恐々としてくるのが、トレーニングアプリやサービスを提供している人たちでしょう。iOSの新しいアプリが、ワークアウトの業界をどこまで変えるか注目です。

コメント