Apple、新型コロナウイルス関連のアプリを制限。ゲームは禁止

Appleは新型コロナウイルスで引き起こされる「COVID-19」の情報を提供するアプリを制限することを発表しました。政府機関医療機関健康問題に対する資格を持つ企業のみ許可されます。また、ウイルスをテーマに扱ったゲームや娯楽アプリは禁止されるようです。

「公認された団体」のみ新型コロナウイルスのアプリの提供が可能

拡大を続ける新型コロナウイルスに対して各大手IT企業はさまざまな対策を行っています。AppleApp Storeに制限をかけることで、新型コロナウイルスで引き起こされる「COVID-19」の“正しい情報”をユーザーに対して提供できるように取り組んでいます。

提供できる団体は、政府機関や医療機関、健康問題に対する資格を持つ企業など「公認された団体」です。また、これらの団体に所属している開発者が迅速にアプリをApp Storeに提供できるように、「Time-Sensitive Event」オプションを選択することを勧めています。さらに、これらの団体はApp Storeの年会費の一部を免除することもできるようです。

なお、新型コロナウイルスをテーマにしたゲームや娯楽のアプリは一律で禁止するようです。

Appleは中国以外のApple Storeを全店休業

Appleはアプリのストアを制限するだけではなく直営店も制限し、中国以外のApple Storeは3/27まで休業することが発表されています。現実の小売店だけでなくオンライン上のストアも制限される中、経済へのダメージがどれくらいになるのか気になるところです。

コメント