Surface Duoはスペックチェンジをして発売が早まるか

おそらく折りたたみ式のデバイスほどではありませんが、デュアルスクリーンの携帯電話とコンピューターも少なからぬ関心を集めています。そして、LGと比較しても完全に遅れていますが、MicrosoftのSurface DuoとSurface Neoデュアルスクリーンデバイスは非常に多くの注目を集めています。これらは2020年後期まで発売される予定はありませんでしたが、MicrosoftはSurface Duoの発売日を早めにプッシュしたいと考えているようです。ですが、これは残念ながら、最新のスペックではなく、少し古い仕様が付属する可能性があることを意味します。

「少し時代遅れ」というのは、まさに2019年のハードウェアを意味します。コンピューターの世界では、それは必ずしも悪いことではありませんが、ペースの速いモバイル市場は1年前のコンポーネントでさえも不利に見ています。それでも、すべてのことを考慮すると、2019 Snapdragon 855を搭載した携帯電話は、パフォーマンスの面では2020年でも引き続き機能しますが、1つの重要な機能を見逃す可能性があります。

Snapdragon 855は5G対応ですが、OEMはSnapdragonのパートナー5Gモデムを追加することを選ぶ必要があります。対照的に、Snapdragon 865には既にそのモデムが付属していますが、いくつかのメーカーはさまざまな理由でそれを無効にしています。これは、Windows Centralによると早ければ春に発売の可能性のあるSurface Duoが、5Gサポートを受けられない可能性が高いということです。

一方で、これは、5Gが広く利用可能かどうかに関係なく、他のハイエンド携帯電話が5Gをサポートしているとき、マーケティングの障害になる可能性があります。このような未来的な携帯電話の場合、Surface Duoはその点で時代遅れとなるかもしれません。初期のユニットのターゲット層は、アプリの開発に関心を持つ可能性のある開発者を対象としているようです。

それは、Surface Duoがパフォーマンスの弱者になるということではなく、実際には、コアスペックの点でSamsung Galaxy Z Flipとほぼ同等になるでしょう。これは、Microsoftが約束している新しい種類のエクスペリエンスを強化するのに十分であることを望み、カスタムオーバーレイは4月までにプライムタイムに向けて準備ができているのではないかと考えます。

コメント