Qualcomm、5G対応XRプラットフォーム「Snapdragon XR2 5G」発表

Qualcommは2/25に開催したプレスリリースイベントで、新しいXRプラットフォームのリファレンスデザインを公開しました。公開されたデザインはヘッドセット型になっており、5Gに対応した「Snapdragon XR2 5G」(以下、XR2)を搭載することを想定しています。

5GをサポートしたSnapdragon XR2 5G

XR2のリファレンスデザインは、2018年に発表されたSnapdragon XR1(以下、XR1)のデザインを踏襲したものになっており、ヘッドセット型になっています。

リファレンスデザインとは、部品を製造するメーカーが製品を製造するメーカーに対して提供する、完成品の実例です。今回は、QualcommがXR2を搭載した製品の実例として、ヘッドセット型のデザインを公開したという形になります。

XR2のリファレンスデザインは、ケーブルをなくすことに重点が置かれており、ミリ波やsub-6などの5Gや、WiGigなどの通信をサポートしています。また、XR1のリファレンスデザインよりもCPUとGPUの性能が2倍、ビデオ帯域幅が4倍、画面解像度が6倍になっているようです。

ヘッドセットに搭載されるカメラは7台になっており、そのうち2台はアイトラッキングを行うため内部に設置されています。ほかの4台は外部トラッキングに活用され、最後の1台は顔や口のトラッキングに利用されるようです。

また、Qualcommはヘッドセット型のデザインだけでなく、サングラス型のデザインも公開しています。

Snapdragon XR2 5Gは2020年中に製品化へ

Snapdragon XR2 5Gは今後数ヶ月中に提供を始め、2020年中に製品化されるようです。5G対応のスマートフォンは昨年度から発売されましたが、今年は5G対応のVRヘッドセットの発売が始まるかもしれません。

コメント