今秋までに押さえたいApple製品の既出アップデート予想

Appleユーザーのみならず世界中の関心を集めるイベントが今年も近づいています。地球規模の「お祭」が一体いつ開催されるかの公式情報はまだありませんが、米国版SlashGearのBharat Bhushan氏は「Appleは火曜日にイベントを主催する傾向があり、9月14日は、iPhone 13シリーズ、新しいスマートウォッチ、AirPodsのペアが登場する、最初のパーティーとなる可能性がある」と語ります。来月には行われるであろうAppleのビックイベントを前に、既出のアップデートとその「ノミネート予想」を簡単に整理しておきましょう。

毎年行われる秋の祭典

Appleのイベントは特別です。Appleの熱烈なファンであろうとなかろうと、クパチーノのテックジャイアントが何を世に放つかは大きな興味をそそられます。Appleは2021年の春と夏にすでに2回のイベントを開催し、さまざまなデバイスやソフトウェアのアップデートを行ってきました。

今年は、端末の生産面はほぼ順調に進んでいるようなので、9月と10月に2つの秋のイベント(最も可能性の高いバーチャルイベント)が予定されています。9月のイベントでは、次のiPhoneシリーズ、AirPods、Apple Watchが中心となり、10月には2021年のMacBook Proと新しいiPad miniが発表されるかもしれません。一体どのようなApple製品が予想され、それぞれがどのように評価されるのでしょうか。

iPhone 13

iPhone 13は、間違いなくこの秋のApple最大のニュースになるでしょう。報道によれば、iPhone 13のラインナップは、iPhone 12のように4つのモデルが先代モデルと同じサイズで構成されており、その筐体仕様はほぼ同様になると考えられます。iPhone 13モデルの筐体はiPhone 12シリーズと同様で、前面のノッチが小さくなる点が、デザイン上の最大の変更点と考えられます。

iPhone 13のラインアップは、120HzのProMotionディスプレイにアップグレードされる可能性が高いです。すべてのモデルに搭載されるとは考えにくいとはいえ、ProとPro Maxのモデルには確実に搭載されるでしょう。光学系では、LiDARスキャナーが4つのモデルすべてに搭載される可能性があります。また、センサーシフト方式の手ぶれ補正機能にも要注目です。

iPhone 13のラインナップでは、わずかに大きなバッテリーが搭載されると予想されます。また、より高速なA15 Bionicチップセットを搭載し、さらに高速な5G接続を実現するでしょう。関心を集めるとしたら認証手段でしょう。iPhone 13では、Face IDと並ぶ生体認証の代替手段として、Touch IDがディスプレイの下に復活するのではないかという噂もあります。

Apple Watch 7

毎年9月に新しいApple Watchが発表されており、現在ではある種の「伝統」とも位置付けられています。ところが去年は少し違いました。予定されていたApple Watch Series 6に加えて、新しいSEモデルが展開されたのです。SEの新モデルについては何の情報もありませんが、デザインを一新したApple Watchが登場し、iPhone 13と一緒に発表されるのではないかとの見方が濃厚です。

Appleは何年も前からほとんど変わらないデザインアプローチに固執していますが、今年こそ大幅アップデートがあるでしょう。次世代のウェアラブルデバイスはiPhone 12のようにエッジが平らになった、滑らかで薄いベゼルデザインが採用される可能性があります。一方でスマートウォッチがさらに強力なバッテリーを搭載できるか否かというテーマにおいて、Appleは積極的に関わろうとしませんでした。ところがApple Watch Series 7では、昨年のモデルの18時間を超えるバッテリー駆動時間を実現するために、顕著なバッテリーの改善が行われると見られます。

さらに、Apple Watch 7には新しいヘルスケア機能が搭載され、血糖値を測定するセンサーが搭載される可能性があると言われています。また、今年のWWDCで発表された新しい「WatchOS 8」が搭載されることは間違いありません。

AirPods3

第2世代のAirPodsが発売されたのは2019年です。すでに2年以上が経過していますが、多くのユーザーは第3世代のAirPodsを待ち望んでいます。2021年の9月になれば熱心なユーザーは待望のアクセサリーを手にするかもしれません。もちろん「iPhone 13」のように、「AirPods 3」は噂自体が派手な注目を集めはしていません。それでもワイヤレス充電機能を備え、微妙にデザインが手直しされた「AirPods 3」が登場するだろうと考えられます。

これまでの各方面のリークや見解によると、新しいAirPodsは、AirPods Proと同様に丸みを帯びたデザインで、ステムが短くなると考えられます。同様に、AirPods 3は、耳の中に快適にフィットするために、交換可能なシリコン製のイヤーチップを初めて搭載する可能性があります。第3世代のAirPodsでは、ノイズキャンセリングモード等が搭載されない可能性が拭いきれません。しかしながら、センサーを統合して空間オーディオを実現する可能性があり、その分価格も高くなると予想されます。

iPad mini 6

第6世代のiPad miniが発売されるという話は、かなり前から盛り上がっています。2021年秋の発売が最も可能性が高いです。発売開始に向けて、iPad mini 6のディスプレイサイズが先代の7.9インチから8.3インチに拡大されると示唆するリークが、ポロポロと出始めていました。

新しいiPad miniは、昨年発売されたiPad Airのデザイン路線を突き進むでしょう。ベゼルはスリムになり、電源ボタンにTouch IDが搭載され、エッジが平らになります。2020年に発売されたiPad Proの特徴を活かして、2021年にはiPad miniにミニLEDディスプレイが搭載されるかもしれません。もしそれが本当であれば、従来の液晶画面に比べてコントラストと輝度が向上するかもしれません。

マシンパワーはどうでしょう。iPad mini 6は、iPhone 13にも搭載されるA15 Bionicチップセットを内蔵するとリークされています。さらに、AppleはLightningポートをUSB-Cに変更し、5G接続をサポートする可能性も報じられています。

MacBook Pro

AppleのM1チップセットは、MacBook ProとMacBook Airに革命を起こしました。マシンの処理能力はさらに強化され、2021年のMacBook Proにも搭載されると予想されています。今回は、16インチのMacBook Proに加えて、14インチのMacBook Proが登場するという見方が有力です。

この14インチのMacBook Proは、昨年発売された13.3インチモデルの後継機種になります。筐体は同じですが、ディスプレイのベゼルが細くなり、フラットエッジのボディに大きな画面サイズを搭載するであろうと期待されます。これを現実的に解釈すると、MacBook Pro 2021は、物理的なサイズに大きな変化はないものの、Touch Barが搭載されない可能性があるとも考えられます。2021年のMacBook Proは、新しいポートを搭載することで、若干の差別化を図ることになるでしょう。伝えられるところによると、MacBook Proは、コントラストと明るさを向上させるミニLEDディスプレイを採用し、MagSafeコネクタとSDカードリーダーを搭載するとも考えられます。

コメント