2019年のApple Watchの出荷台数、ついにスイス時計を超える

2019年に出荷されたApple Watchが、スイスブランドの時計の出荷された数を越えたことが発表されました。情報はコンサルティング会社であるStrategy Analyticsによるもので、Apple Watchがスイスブランドのアナログ時計の出荷台数を大きく上回ったことを示しています。

Apple Watchの出荷台数は2018年より36%増

コンサルティング会社Strategy Analyticsは、2019年に出荷されたApple Watchはおよそ3,070万台だと発表しました。2018年の出荷台数である2,250万台と比べると36%増加したことになります。

一方、アナログ時計はというと、SwatchやTissot、TAG Heuerなどを含むスイスブランドの出荷台数は2,110万台でした。前年の2,420万台から13%の減少になります。

また、Strategy Analyticsのアナリストは2019年の出荷台数について、急速に発展しつつあるスマートウォッチ市場にアナログ時計メーカーが上手く食い込めていないことが理由だとコメントしました。

スマートウォッチとアナログ時計、どっちがいいの?

スマートウォッチの時計としての機能に疑問を浮かべるユーザーや、充電の煩わしさを嫌うユーザーは少なくありません。しかし、出荷台数をひとつの指標として見てみるとスマートウォッチはアナログ時計を大きく上回っています。最近ではApple Watchの健康アプリが人の命を救った話もあるので、こういったことがスマートウォッチの人気の理由かもしれません。

しかし、アナログ時計にはアナログ時計の良さがあります。スマートウォッチは新モデルが登場するとすぐに時代遅れになりますが、ほとんどのアナログ時計は古いものでも価値を損ないません(むしろ古いほうが良いとの声も)。そう考えると、スマートウォッチとアナログ時計の価値を比べることがいかに難しいかが良くわかります。

コメント