将来、スマホの入力ミスは減る?スイスの大学が研究中

スマートフォンのブランドを問わず、画面に表示されるキーボードのキーが小さいために、文字を入力するのに苦労した経験はありますか?スイスにある、チューリッヒ工科大学の研究は、未来のスマートフォンの入力ミスを減らすかもしれません。研究者たちは、タッチスクリーンが現在のデバイスよりも約8倍の解像度で感知できるようにする、新しいAIソリューションを開発しました。

タッチセンサーが進化していないことに着目

このソリューションは、タッチスクリーン上の指の位置をより正確に推測することができます。このプロジェクトに参加した研究者によると、最近のスマートフォンでのタイピングの課題は、スクリーン上の指の位置を検出するタッチセンサーが2000年代半ばからあまり変わっていないことだそうです。タッチセンサーはあまり変わっていませんが、スクリーン自体は解像度が上がり、より忠実に再現されるようになっています。

最新のiPhoneの画面解像度は2532×1170ですが、タッチセンサーの解像度は32×15ピクセルと大きく劣っています。静電容量方式のタッチスクリーンは、センサーライン間の電界の変化を利用して指の位置を検出し、スクリーン面に触れたときの指の近さを感知します。

2つの技術を利用

しかし、静電容量方式では指の接近を感知するため、本当の意味での指の接触を感知することはできないそうです。チームが考案した方法は「CapConnect」と呼ばれ、2つのアプローチを組み合わせたものです。この技術では、タッチスクリーンを、約8ミリ離れたところを見ることができるイメージセンサーと、物体の近さを画像で記録する深度カメラとして使用しています。CapConnectは、この洞察力と、チームが構築したディープラーニングのアルゴリズムを用いて、指と表面の接触部分を正確に検出します。

研究チームは、このシステムが、ピンチのジェスチャーのように指が画面に密着した状態でも、表面のタッチを確実に識別することを実証しました。研究者たちは、このAIソリューションが、将来的に携帯電話やタブレットのタッチセンシングに新たな道を開く可能性があると考えています。

コメント