次の非接触式決済は手相?Amazonが手のひらでの決済技術を導入

シアトルで始まる興味深いサービスを紹介します。近々、シアトルに住む人々は、文字通り手のひらを使って食料品の支払いができるようになります。Amazonは、手のひらをスキャンする決済技術「Amazon One」を、シアトル地域のホールフーズの複数の店舗に導入する計画を発表しました。これにより、顧客は非接触での決済が可能になります。

手相とクレカを登録

Amazonは、2020年9月に非接触型手のひら決済システムAmazon Oneを導入しました。このプラットフォームでは、Amazon Oneシステムへの登録と、施設への入退場時に手のひらをスキャンするためのデバイスを使用します。Amazonによると、ユーザーは決済カードを機械に挿入した後、センサーに手をかざすことで登録を行います。

スキャナーは、コンピュータビジョン技術と連動して、顧客に固有の手相のサインを生成し、そのサインがクレジットカードと関連付けられます。顧客は、片方または両方の手のひらを登録することができます。Amazon Oneへの登録にはAmazonアカウントは必要ありませんが、決済カードに加えて電話番号が必要となります。

Amazonアカウントとの紐付けでプライム割引も

同社は当時、将来的にAmazon Oneをより多くの店舗で展開する予定であると述べていましたが、ついにその時が来ました。Amazonは最新のアップデートで、シアトルのホールフーズの複数の店舗に手のひらを使った決済システムを今後数カ月のうちに導入すると述べました。マディソン・ブロードウェイにあるホールフーズの店舗では、すでにこの技術が導入されています。

このシステムに登録すると、これらの店舗では、手のひらをスキャナーにかざすだけで支払いができるようになります。また、Amazon Oneの登録とAmazonアカウントをリンクすることで、店舗でのプライム割引を受けることもできます

コメント