AirPods3のリークが登場!重要な設計変更を示唆

何年もの間、AppleのAirPodsは、多くの人々がコピーしようとした完全ワイヤレスイヤホンでした。驚くべきことに、Appleは昨年AirPods Proでそれを少し変更し、その変更は次の手頃な価格のイヤホンにも適用されるようです。

AirPods Proの変更を受け継ぐかも

最初のAirPodsのデザインは、有線を切り落としたEarPodsと言ってもいいでしょう。ぶら下がっているデザインは、アクセサリーメーカーによって模倣されました。そして、AppleはAirPods Proでそれを少し変え、AirPods 3もそれを受け継いでいるかもしれません。

52audioによると、AirPods 3と呼ばれるかもしれない次のAirPodsは、AirPods Proと同じようにインイヤーバッドのデザインを採用し、耳にぶら下げるだけのプラグではなく、耳の中に差し込むプラグを使用できるようになるとのことです。ステムもAirPods Proよりも短くなっており、充電ケースが小さくなっています

小さなボディにかなり多くの機能

そして、デザインの変更と同じくらい興味深いのが、機能のアップグレードです。スクイズコントロール用のフォースセンサー、アクティブノイズキャンセリング、トランスパレンシー機能、圧力を制御するベントが含まれています。小さなボディにかなり多くの機能を詰め込んでいます。


言い換えれば、AirPods Proの主要な機能のほとんどを搭載しながらも、AirPodsの価格帯であるということが期待されています。Appleは、以前から噂されていた3月16日にイベントを開催しないという最新の報道もあったので、AirPods 3は3月の早い時期に発表されるかもしれません。

コメント