将来、ペットボトルも紙製に?コカ・コーラが開発を発表

Coca-Cola社は、より持続可能な紙製のボトルのテストをハンガリーで行うことを発表しました。ブリュッセルに拠点を置くコカ・コーラ社の研究開発チームは、デンマークの新興企業The Paper Bottle Companyと共同でこのプロジェクトに取り組んでおり、最終的な目標は紙としてリサイクルできるボトルの発売です。

より環境に配慮された製品のため他社と共同で計画

ペットボトルのような消費者向け製品を含め、地球上にプラスチック廃棄物があふれていることは周知の事実です。使用された後にすぐに廃棄され、しばしば埋め立て地や湖、海へと流れていきます。消費者は、より環境に優しい製品を求め、肉の消費量を減らし、個人の廃棄物を減らすようになってきています。

このような世論から、コカ・コーラ社がいつか普通のペットボトルに取って代わる、完全にリサイクル可能なボトルを検討していることは驚くことではありません。同社は、ウェブサイトKifli.huを通じてオンラインで、飲料「AdeZ」の2,000本販売を計画しています。このボトルを作る技術を開発したのは、ペーパーボトル会社のPaboco社です。

飲料以外にも化粧品等の製品にも使用可能な設計

プラスチックボトルの代替品は、バイオベースの素材をカートンのような外側のバリアに使用しており、持続可能な木材を使用しています。ボトルには、飲料を入れるためのリサイクル可能なプラスチック製の裏地とプラスチック製のキャップが付いています。コカ・コーラ社によると、紙製の外装は酸素、二酸化炭素、液体に耐性があるように設計されており、化粧品のような他の消費者向け製品にも使用できるそうです。

これらのボトルに入った飲料を試験的に発売することで、コカ・コーラ社は、実際の環境でどのように持ちこたえられるか、またボトルの変更に消費者がどのように反応するかを見る機会を得ることになります。コカ・コーラ・ヨーロッパのDaniela Zahariea氏は次のように述べています。


今回発表したトライアルは、紙製ボトルの開発を目指す私たちにとって画期的なものです。人々は、コカ・コーラが革新的で持続可能な新しいタイプのパッケージを開発し、市場に送り出すことを期待しています。だからこそ、私たちはPabocoのような専門家と提携し、オープンに実験を行い、この初の市場試験を実施しているのです。

コメント