iPhone 13、画面オフのまま時刻や通知の確認が可能に?

2017年に発売されたiPhone Xは、長らく噂されていたAppleのiPhoneの液晶画面から有機ELパネルへの移行を実現した最初の製品でした。有機EL技術には、LCDよりも優れた点がいくつかありますが、これまでのところ、主要な技術の1つはiPhoneでは使用されていません。しかし、この状況はiPhone 13、少なくともProモデルでは変わるかもしれません。Proモデルでは新しいディスプレイ技術が採用され、有機ELパネルと組み合わせることで、スリープ状態のロック画面に時計、通知、バッテリー残量などを表示するAlways-On Display、AOD機能をもたらす可能性があります。

特定の部分だけの点灯でバッテリーを節約

有機ELの主な利点の1つは、黒を表示するのに電力を必要としないことです。ピクセルをオフにするだけで、画面の特定の部分だけを明るくすることができますが、同じ状況下で液晶画面のように電力を消費することはありません。これが、Apple Watchだけでなく、いくつかのAndroidスマートフォンに搭載されているAOD機能への道を切り開いたものです。

情報提供者のMax Weinbach氏によると、AppleはすでにLTPOや低温多結晶酸化物を使用すると噂されているiPhone 13でこれを実現するそうです。これはバッテリーを節約するディスプレイ技術であり、iPhone 13が持つ可能性のある高いリフレッシュレートとAODに不可欠です。

2021年の新製品に搭載されるかはまだ不確定

しかし、iPhone 13のAOD機能は、ほとんどのAndroidスマートフォンのようにはなりません。当然のことながら、時計やバッテリーのアイコンのような最低限のものに集中するでしょう。通知は画面全体を表示せずに、画面のごく一部を一時的に点灯させるだけです。今のところ、Appleの派手なカスタマイズオプションは期待できません。

それに加えて、iPhone 13のマットバックが改良され、より滑りにくく、持ちやすくなったことについても語られました。もちろん、まだ2021年に入ったばかりなので、今年のiPhone世代では実現しないかもしれません。

コメント